消費者金融のQ&A

消費者金融関連の質問と回答集

借り入れネット目次

 

生活に密着した融資で親しまれている消費者金融に関しての質問と回答集です。素朴な疑問から日ごろ気になっている事を質問と回答から解決して頂けるように用意しました。活用下さい。内容は随時追加致します。

 

消費者金融の金利は高くない?
消費者金融は「貸金業者」に該当するので、2010年の法改正後に利用者にとって借り入れがしやすく返済しやすいように金利に関しても規定されました。改正前は年利29%近い金利でもグレーゾーンとして存在していましたが、改正後は100万円以上15%以下、100万円~10万円18%、10万円以下の借り入れは20%以下になっています。この金利の率は、ほぼ全ての消費者金融で採用されています。中には10万円以下でも無金利期間を設けたり、独自の低金利で営業する事業者もあります。最高金利が20%となっているので法外な金利で悩む可能性は低くなっています。

 

借り換えって何?意味があるの?
消費者金融ローンで「借り換えローン」「1本化」という記載を見ることがあるかもしれませんが、これは複数の会社から少額(高額でも)ずつ借りている時に返しやすく契約をやり直す商品です。2社~5社程度からそれぞれ10万円借りていたと仮定すると、全ての金利が18%以上20%年利程度だった場合、金利面で不利で複数社に借りているので同時に返すと負担も大きいです。これを1社にまとめて借りて、借りたお金で複数社に一括返済します。複数で借りていた額が100万円を超えたとしたら金利もぐっと下がります(15%以下で各社異なります)から、毎月の返済額を変えずに返済すると早く借りている元金が減っていきます。

 

消費者金融の審査は厳しいの?簡単に借りられる?
消費者金融は大手として知名度も高い有名企業もあれば銀行と提携している有名企業もあります。融資をするのは大手以外も同じなので貸し倒れになり返済をしない方に貸してしまうと損害です。なので審査をしてきちんと返済してくれる方に融資をします。これはクレジットカードや自動車ローンの審査をする時にも言える事で、審査をしてから融資決定になります。目的がきちんと返済支払いを出来るかどうかなので、職業・年齢・勤務年数・住居属性などを記載して融資申し込みをします。審査の難易度は本来は高くしたいですが、金利の少し低い銀行と競争する為にも、出来るだけ多くの貸付を行って利益を得る為にもあまりに審査を厳しくすると、成長率が伸びません。なので金利を法律内で抑えながら少し高めにして、貸し倒れリスクも取りながらバランス良く審査をしています。結果的に信販系・銀行系よりも審査は優しいと言われています。

 

消費者金融の審査は誰でも通るの?
消費者金融の審査は申込者の方の情報と、信用情報機関のデータとで審査します。更に自社独自の審査基準も使う事があるので各社の審査の仕方には微妙に違いがあります。そのため審査に少し厳しめにして金利を下げる、金利を少し多めにしてリスクを取りながらも審査を甘めにするなど、それぞれ企業努力をしています。なので審査が甘い業者もあるので他で審査落ちしても他社で通過する可能性もあります。しかし未成年であったり、過去に延滞、自己破産などの金融事故を起こしていると全ての審査に落ちる事もあります。中には自己破産後1年後に審査通過した例もあるので全てではありません。

 

返済が出来なくなったら?取り立てがあるの?
消費者金融以外でも返済が出来ない状態になると大変な事です。融資を受ける時に返済に関しては絶対に滞らないように計画的に借り入れる必要があります。しかしどうしても返せない状況になりそうなら出来るだけ早くに連絡をします。この時に返済計画に関して相談に乗ってくれます。返済をしなくて良いという事にはなりませんが、金利分だけ入れる、少額だけ入金するなどの案内をもらえる事もあります。きちんと連絡をして相談すれば多くが対応してくれます。また万が一返済が出来なくても取り立てというものは禁じられているのでありません。電話で状況を聞くためにかかってくる事はあります。その前に連絡をすれば信用情報も守られる可能性が高まります。

 

貸金業法とは?消費者金融は関係あるの?
消費者金融が大人気となった平成22年までの日本では当時は金利が高く、年収に対する最大借入額も緩かった事で多重債務者が増えていき、金利で苦しんでいる債務者が増え続けていた中、平成22年6月に施行されたのが貸金業を営む業者に対して出された貸金業法です。現在の消費者金融は全く違う状況ですが当時は金利がグレーゾーン金利主体で中には年利30%近い金利で貸し付けていた業者も多く当時の若者を始め全年齢層の人々が多重債務に至り苦しみました。この法令が出されてからは融資額10万円以内でも20%以上の金利で貸し付けられません。10万円以上100万円以下では18%以下、100万円以上だと15%以下にしなければならないので、現在ではこれがほぼ全ての消費者金融が従っています。銀行には銀行法があるので実質的にこの法令は消費者金融、クレジット会社の提供するカードローンといった金融商品に適応されています。消費者金融を使う側からすると利点があります。更に年収3分の1以内しか融資してはならないという事も決まった事で借入額も上限の目安が明確化されました。

 

街金とは?闇金とちがうの?
全くちがいます。街金とは街の金融屋さんという事で中規模~小規模の消費者金融の事を指しています。大手消費者金融は数社だけで、多くは中規模~小規模の街金にあたります。こうした金融会社は「貸金業登録」をしている正規の事業者です。なので法を守って運営しています。こうした正規の街の金融屋さんは金利を見れば一目瞭然です。年利で20%以内です。対して闇金と呼ばれるのは違法業者を指しています。貸金業登録をせず事業所を提示していない営業が一般的で通常は一般的にその活動は目立ちません。闇金は金利が年利200~300%となる事もあるので利用してはいけない借入先です。

 

消費者金融の良さは何?カード無しでも使える?
消費者金融のフリーローンは特にここ10年で飛躍的に進化しました。カードを使ってコンビニATMで融資を受けたり、返済したりできるようになり、カード無しでも即日振込が出来るサービス、無金利期間のあるサービス、郵送物無し、金利優遇など顧客の事を考えて運営する傾向にあります。消費者金融の最大の売りは、即日で融資を受けられる事です。貸付の限度額は申込者さんによって上下はありますがスピード感でいえばトップクラスです。

 

誰にもバレないように利用できる会社はある?
一時的に使う目的で初めて使おうと思う時、人に知られずに融資を受けて知られないままで返済して完済をしていきたいと考えるのは誰でも同じです。この心理は消費者金融が時に銀行系よりも理解していて、郵送物を送らない、確認の電話をするときにも最大限の考慮、個人のプライバシーを徹底して守る宣言をしている業者もいます。これは珍しい事ではなく特に昨今の消費者金融は他人にバレないようにする対応は十分気を付けています。心配な時にはカードも発行無しで個人口座に振り込みをしてもらい、郵送物無しの会社を選ぶと安心です。

 

融資額の決定の為に書類がいるの?面倒ではない?
法改正後に消費者金融でお金を借りる時の上限額は申込者さんの年収の3分の1以下と決まっています。なので年収が総額300万円なら借り入れの限度は約90万円程度に設定されます。なのでフリーローンの上限が50万円の消費者金融なら最大50万円の借入額となります。複数にまたがって借り入れをする時は、総額で計算するため、残りの枠である40万円近くが限度額となります。これらの根拠となる年収を伝えるための書類として、源泉徴収、支払調書、給与支払い明細、納税関連などの書類のどれかを求められるので提出します。もしも事情で書類が出せない場合、そのように伝えると対応策を教えてくれます。

 

住宅ローン・自動車ローンを組んでいるので借りられない?
消費者金融からの融資では総計が年収の3分の1以内で借りられますが、住宅ローン・自動車ローンは除外されます。なので住宅ローンや自動車ローンの金額がどのような額でも含まれません。
他の方が読んでいる記事