個人事業主用ファクタリング解説【借入不要】

フリーランス・個人事業主が使える請求書現金化

 

コロナ影響が出ている個人事業者・フリーランスも多い状況の中で支払いを中々受けられない、請求書を即現金に出来たら支払いが助かるという状況にある方も多い事でしょう。

事業者向けには事業復活支援金の支給がありますが、中には審査が長引いて支給まで数ヶ月を要すという事もあるようです。借入をしたいけれど先行きを考えると返済の不安があるような場合、手元にある請求書を現金に出来る個人事業者向けのファクタリングという選択も出来ます。

 

ファクタリングは借入ではない即現金化方法

ファクタリングで個人事業者の資金を作る

 

ファクタリングは借入ではないので、個人情報を参照しての審査はありません。大手銀行もサービスを行うほど普及している資金調達方法ですが、個人事業者やフリーランスだと法人のように利用対象になっていない事も多いものです。

そこで個人事業者専用のファクタリングを使う事で個人事業主やフリーランスでもファクタリングで請求書を即座に支払ってもらい現金を調達してもらえます。

 

ファクタリングで請求書を現金化するのにお金がかかる?

 

ファクタリングは手元にある請求書を、ファクタリング会社に買い取ってもらう事になります。ファクタリング会社は個人事業者やフリーランスに代わって代金を回収するので、クライアントに迷惑がかかったりしません。

請求書の先払いをしてくれるシステムなので事業者にとっては借金とは異なり、信用情報に影響しないのが特徴となっています。ファクタリング会社にとっては「手数料」が運営上の利益になるので、手数料を差し引いた金額が支払われる仕組みです。

 

ファクタリングの手数料はファクタリング会社により違う

ファクタリングの手数料

 

多くのファクタリング会社を見ると法人向けが大半となっていて手数料も高いと30%くらいです。幅はありますが法人向けで10%以上が多くなっています。

しかしこれは売り上げの大きな法人ならまだしも個人事業主やフリーランスだと手数料が高いと困ります。個人事業者専門のファクタリングを利用すれば、手数料10%以下で対応しています。

 

審査通過率も気になるところです

 

法人向けのファクタリングで平均値を取ってみると審査通過率は55%~80%程度となっているので審査落ちするパターンも多い状況ですが、個人向けのファクタリングでは90%近い(MSFJ社93%)状況です。

個人事業者向け専門を活用することで少ない手数料と、審査通過率の恩恵を受ける事ができるので請求書(売掛)があれば資金を得るのに有効活用できそうです。

 

個人事業者・フリーランス用ファクタリングMSFJ

MSFJの個人事業者用のファクタリングの説明です

©MSFJ

 

個人事業者やフリーランスのファクタリングは請求書を現金で先に払ってもらう資金の作り方を法人ではなく個人事業者に提供してくれるHSFJの条件がかなり優れています。

 

MSFJ社 他社1 他社2
登記や書類作成代の請求 無し 在り 在り
手数料 3.8-9.8% 15%-30% 10%-35%
審査通過実績 93% 80% 55%
審査時間 即日 即日 2日
振込完了まで 即日 翌日以降 3日後以降
利用限度 10万-500万 50万から 300万から
必要書類

身分証明

通帳

請求書

登記簿謄本

通帳コピー

決算書

請求書

契約書

登記簿謄本

通帳コピー

決算書

請求書

契約書契約証明書類

 

自営業・フリーランスなら即日現金調達
個人事業者向けのファクタリングです

©MSFJ

個人事業者、フリーランス専用のファクタリングなので安心して利用。MSFJは法人向けのファクタリングも手掛けていますので法人だと5000万円クラスでも対応する大きな資金力を持つファクタリングの専門会社なので、MSFJが提供する個人事業者専用ファクタリングは、そうした経験とノウハウをベースにして、最大500万円まで、最低10万円から対応するだけでなく、業界の中でも低い手数料を維持しています。審査通過率が90%を超えているので個人向けにかなり良心的な運営を行っていると言えます。提出する書類が少なく、請求書を発行している取引先にも迷惑をかけることなく資金を即日から受け取る事が出来るサービスになります。

 

ファクタリングで資金を準備して未来に繋げる考え方

ファクタリングで事業を繋げていく

 

借入をして資金を調達する事は法人経営では珍しい事ではないですが、個人事業者の場合審査が厳しくて銀行での審査が思うように進まなかったり、急な支払いの圧迫で事業資金に困ると益々経営難に陥る事があります。

既に売掛として手元に請求書があれば、ファクタリングを活用して資金調達をしたほうが素早く資金の問題を解決して次回の仕事に繋げられる事があります。

個人事業者の場合小規模な人材体制である事も多く、資金の回収は常に早めにしないと厳しいというケースも多いでしょう。個人事業用のファクタリングは、資金調達の一つとして念頭に置いておくと資金の焦げ付きで困るといった最悪の状況を回避出来る事があります。

 

ファクタリングを活用するなら手数料に注目を

 

特に少額の金額を現金化する場合、手数料が10%以上だとせっかく現金化しても手元に残る現金が目減りします。個人事業主、フリーランスの場合、売り上げがそのまま重要な収入にもつながるので手数料が出来るだけ安い会社を使う事、過去実績が多く資金的にも経験的にも優れた業者を使うことが成功のカギになります。

 

 

他の方が読んでいる記事