今日中に10万円を絶対に用意したい時どうする

時間が無くて急ぎで10万円を必要とする時に考える事

 

お金を借りるまでに時間が無い、とにかくすぐに10万円が必要となった時に選択肢はそれほど多くありません。ポイントはお金を借りる時の審査です。

融資をするには返済をしてもらえるかを必ず確認しないといけないので審査をしますが、審査をするのに時間がかかると融資完了までに時間がかかります。

 

融資審査が既にされているか、即日融資出来るか

10万すぐに借りる

 

他の要素を重視しないで即日で10万円を借りる事を考えると審査が早いものは何かを考えると実現しやすくなります。逆に審査が慎重で時間がかかるものは除外していくと成功しやすいです。

 

即日10万円を借り入れるならスピード重視
借り入れまで数日時間があれば全ての金融会社が使えますが、即日か遅くとも明日までに10万円を手にしたいなら、消費者金融か手持ちのカードを活用するのが最速です。銀行系のカードローンも保証会社は消費者金融なので審査は第一段階は早いほうですが、銀行系だと保証会社+銀行独自の審査と2段階になる事が多いので銀行系は審査に時間がかかりがちです。なのでスピード重視の時だけは銀行系は即日10万円が実現しない可能性が高いです。

 

大手消費者金融も即日振込対応になっています

 

大手消費者金融であるプロミス・アコム・アイフルなどでも即日審査即日融資を実現するようになっています。現在は自動契約機まで出向いて契約するユーザーが減ってきていてネット申込が主流になりつつあります。

ネットで申し込んで銀行口座に振り込みをしてもらうとか、スマホにアプリをインストールしてアプリを使ってコンビニATMでお金を受け取るなどのサービスがあります。

 

クレジットカードを持っているならキャッシング枠

クレカがあったら使う

 

消費者金融を使う前に自分の持っているカードの中にキャッシング枠が無いかを確認して、キャッシング枠やカードローン枠があれば最も早い融資になります。

すでにカード発行時点で審査が終わっているのでカードを使って即日10万円借り入れる事ができます。スピードではこれが最も早い方法です。

カード限度額に依存するので、借り入れの枠が10万円余っていないのであれば消費者金融を活用すると早いです。

 

土日は即日10万円融資受け取りが難しい?

 

クレジットカードのキャッシング枠なら土日でも関係なく即日10万円の借り入れが出来ますが新規で消費者金融に審査申込をした場合には、振込形式だと土日対応できない可能性があります。

なので最短で審査を完了してスマホアプリだけでコンビニATMで出金が出来るプロミスのシステムが「大手消費者金融を使うには」かなり可能性が上がります。対応しているのがプロミスです。

 

 

10万円は審査も消費者金融なら早くて通りやすい

10万円は借りやすい

 

10万円という額は一つのラインとなっていて次のラインが50万円です。10万円以下の借り入れは貸すときに審査は当然ありますがリスクとして少ない少額なので融資されやすい傾向です。

次のポイントが50万円で50万円を超えたら必要書類(収入証明書など)が増えたり審査が厳しくなっていくので少額の融資申し込みは、審査に不安が無い限り心配ない金額でしょう。

 

審査に不安だと感じるなら大手以外にすると早い

 

即日10万円を急ぎで借りたい目的なので金利が0.1~0.4%上がったとしても審査に落ちるよりも審査に通りやすい所に先に申し込むという選択も効果があります。

日に何件も同時に審査申込をすると審査に通る人でも落ちる可能性を上げてしまうので出来れば申し込んだ会社で1発で10万円の融資が決定するほうが良いですよね。

大手消費者金融でも50万円以下なら書類が少なく即日融資に対応していますが、大手だと審査が不安であれば中小の消費者金融を申し込むほうが確実な事があります。

 

中小消費者金融は高速審査のベテラン

10万円を借りるには

 

中小消費者金融は銀行と提携していない事が多く、個人とだけ長年地道に取引をしてきた会社が多くなっています。

なので貸し倒れリスクがあるかどうかのノウハウを持っています。

そうなると少額である10万円の融資なら審査が凄く早い会社が多いのです。高額融資だと審査が慎重になるし貸し倒れにならないか慎重に審査をします。

10万円という融資希望額は中小消費者金融の得意な融資額範囲なのでかなり頑張った審査をする会社が多いのです。

 

 中小消費者金融はこちらに集めています 

中小消費者金融で即日10万円融資は早い
金融業登録済の正規会社ばかり
中小消費者金融の中でも正規登録店を使うことは絶対条件です。金利も15%~19%程度の範囲で収まるので10万円の借り入れなら毎月の利子は1000円~2000円程度なので返済も1年以内に返済すれば生活を圧迫せずに完済できますね。10万円借りるのは敷居が低いですが、追って追加で借りすぎないようにするのがポイントです。借りやすいので借りすぎたら返すときに大変になってしまう点は注意しましょう。

 

頼りになる銀行は超急ぎの10万円を借りるのは不利

 

銀行系のローンは金利が安いので長期で借りるには頼りになります。

フリーローンの場合銀行単体で融資していることはほとんどなく、大手消費者金融が保証したり審査しているので審査が複雑になっています。

銀行もあとで審査をするので超急ぎの時には直接融資より遅くなるのです。

金利もフリーローンは消費者金融に近いものになっているので15%前後です。短期で返済する少額なら銀行でも消費者金融でも余り意識しなくてよいかもしれません。

むしろスピード重視で、即日か翌日に10万円が必要な時は銀行より消費者金融のほうが実現する可能性が高いです。

 

10万円だけ借りて短期で返済を終わらせてしまおう

10万円短期返済をする

 

お金を借りる時に考えたいのが利子と信用情報です。高い利子は短期で返せば影響は少ないですが、長期化すれば利子の影響を強く受けます。なので短期で返済するほうが良いのです。

一番現金の借り入れで良くないのが10万円をスムーズに借りられて毎月の返済が数千円で済むのに安心してしまって追加で10万円、20万円と追って必要ないお金を借りる事です。

どうしても必要で、毎月の返済に問題なければ良いですが金利が一定あると金額が多くなっていくと返済が大変になる事があります。短期で完済してしまってから借りることがコツです。

 

短期で返済したら信用にもプラスになる!
10万円を即日で借りたら利子から換算すれば月に1000~3000円も返していけば良いですが、もっと効果的なのが利子をずっと上回る金額を毎月返す事です。月に1万円ずつ返済すれば単純に10回程度で返済が終わる上に利子も元金が減るごとに楽になるので一石二鳥です。「安いから最低金額ずつ入金する」事はもったいないです。さらにそれに追加して借りるのも無理がかかります。もしも追加で借りる時は同じ考え方で短期返済をしましょう。消費者金融での毎月の返済、完済の情報は信用機関に書かれていくので、上手に支払って完済すれば実績となって信用が上がります。

 

10万円を審査申し込んで落ちてしまったら?

 

10万円の少額審査で大手消費者金融、中小消費者金融でもしも審査落ちしてしまった時は次の事を再確認してみると原因がわかるかもしれません。

 

  • 同時に何社も審査申込をしてしまった
  • 融資希望額を10万円以上と書いた
  • 既に他に4社以上(中小消費者金融)借りている
  • 既に他に1社以上(大手消費者金融)借りている
  • 延滞が何度かある(大手消費者金融)
  • 自己破産・債務整理5年以内(大手消費者金融)
  • 自己破産・債務整理1年以内(中小消費者金融)
  • 他社総額年収の3分の1以上借りている
  • 仕事をしていない・在籍確認が出来なかった

 

大手消費者金融の場合、銀行と提携しているほどなので審査では他社に借り入れがあったり、金融事故(破産や債務整理)があるとシビアに判断する傾向があります。

中小ではこの辺りは甘めに見てくれる傾向ですが会社によって独自の基準なので完全に審査に通るとは言い切れないのが現実です。もし落ちたら問題点がどこにあるか考えて改善しましょう。

 

他の方が読んでいる記事