ライフカード審査落ちでも最新のiPhoneを分割で購入できた!
©Apple

審査が甘すぎて誰でも通るライフカードという噂を聞いて

 

ライフカード

©ライフカード株式会社

 

事の発端はライフカードからのDMでした。審査が不安な方でも大丈夫!というようなDMでした。そもそもこういうDMが来る時点で審査通過可能性が高いのかなと思って申し込みましたが、審査落ちしました。

ライフカードはホステスでも、パートでも関係なく発行しているカードなので、ステイタス性は全然ありません。持っているからといって何ら自慢にもならないかもしれないですが、まじめに使っていればクレヒスが付くので、その目的で申し込みをしたのです。

しかし発行を断られたのには理由があります。過去に会社を倒産させて破産処理をしたからでしょう。そのせいでクレヒスに強いマイナスの内容があるのです。なので審査が激アマで誰でも持てるといわれるクレカですら発行されませんでした

 

カードが欲しかった理由はiPhoneの分割購入

iPhoneが欲しい

©Apple

 

自己破産経験があったり、過去にしたくなくてもブラックになってしまったりして、キャリアでスマホが分割で買えないとかだと困ります。自業自得だと言われるかもですが、実際問題として破産とかブラックになって5年以上分割が使えないと、お金が無かったら結構困る事があるんですよね。

中には自己破産もしていないのに、大きなクレヒスの傷がないのに分割が出来ないとかローン審査落ちにされたとかの人もいます。それほど審査っていうのは時に冷酷なので、本当に困っている時に審査落ちするとガッカリです

実際私の場合、ライフカードを使ってAppleストアでiPhoneを分割にしようと思っていたので困ってしまいましたね。その後ライフカードからはデジポット式のカード案内が来ましたが無視しました。カードに保証金を払って範囲内で使うなら、デビットで十分ですからね。

 

iPhoneの価格が高すぎて一括で買えない

 

自己破産しようと、ブラックになっていようと高い収入があったら困りません。iPhoneが10万以上するとしても、それ以上を稼いでいたら、数年使うスマホが10万程度したとしても大きな問題じゃないでしょう。

けれど月に10万~20万円しか稼いでいないサラリーマンとか、フリーターだったら一括で10万以上するスマホを買うのは簡単じゃないはずです。キャリアの分割審査は結構厳しくて、自己破産とかブラック登録後5年以内だとほとんど審査落ちするのが実態なのです。

 

 

iPhoneの購入で登場した分割払いのホープ!

ペイディ解説

©ペイディ

 

新たに登場したペイディ(paidy)のiPhone専用分割サービス。以前はAppleストアでの分割は、オリコの分割ローンでした。現在でもオリコのローンも利用する事ができます。

オリコは知名度が高い信販会社なので馴染みがあるでしょう。信販なので当然審査があって審査落ちをする事も珍しくありません。後発で登場したペイディはネット決済会社として最近急成長している会社です。

 

paidyはネット後払いでAmazonでも登場!

 

Amazonでもペイディは登場しているので利用した経験があるかもしれません。ローンで分割というよりも「買い物を後払いで買う」事を得意とします。イプシロンが有名ですが、後発らしく利便性もサービス内容も充実しています。

主にスマホアプリを使う事をメインに考えていて、Appleストアでのペイディ払いを選択した場合も、アプリをインストールして利用するという流れになっています。Appleではペイディ契約で毎月の定額分割返済という事になります。

 

ペイディでiPhoneを36回分割可能に!

ペイディの36回iPhone分割解説

©ペイディ

 

ペイディ分割を使えばiPhoneをはじめApple製品がAppleストアでいつでも分割で購入できます。分割で購入できるという事は、ローンと同じ事なので事前に融資審査があります。審査落ちをするとペイディApple分割払いは使用できません

しかしながらペイディのApple分割はApple専用の分割契約なので、オリコに比較すると審査落ちが少ないと言われています。しかし次のケースに当てはまったら審査落ちする可能性はありそうです。

 

  • 自己破産後1年以内(数ヶ月)
  • ペイディで事故を起こした
  • Appleストアで事故を起こした
  • 安定した収入が無い
  • 設定される金額が少ない
  • 未成年の場合親権者同意がない
  • 信用情報機関の内容の問題
  • 多重債務・他社トラブル

 

ペイディApple分割の審査は甘くないけどコツがある

 

ペイディApple専用分割は審査は厳しくはありません。ポイントは金額の差と言えます。審査が厳しくはない傾向だけど、使用できる枠が決まっているのと、申込者によって金額が違っているのがポイントです。例えば私が申し込んだら次の枠が付いてました。

ブラック・破産などの良くない信用情報があるなら数年は経過した後で審査を受けるほうが良いです。少なくとも2年以上は経過していないと審査落ちとなったという方が多いです。収入、仕事も重視しているので現段階で安定した収入がある必要があります。

ペイディからの確認が入るのでそれにきちんと対応できる事も信頼に繋がってきます。審査を申し込む前、申し込んだ後はしっかり誠実に対応しましょう。当然返済もしっかり行いましょう。返済していく情報は信用情報機関に書かれるので大事です。

 

Apple専用枠18万円
ペイディの解説

©ペイディ

ペイディカード枠3万円
ペイディの解説

©ペイディ

 

自己破産歴あり+ライフカード審査落ちでもApple枠18万円

iPhoneを購入するためにお金を借りる

©Apple

 

ペイディ審査に申請をして待つこと数時間。結果は18万円のAppleストアでの分割枠、クレジットカード枠が3万円と合計21万円の利用枠をもらえました。ライフカードの審査に落ちるほどの属性なのに、これだけ枠が付けば十分でしょう。

iPhone13だとminiなら10万円程度あれば十分なので18万円の枠があったらiPhoneシリーズはほとんど買えそうです。下取りを使えば上手に買い替えできるでしょうね。ペイディで分割払いにすれば、2年間24回支払いが完了した時点で、返済を終了して買い替える事も出来ます。

24回以降も支払っていくか、24回支払いの段階でiPhoneを返却して残債を0円にし、新規で新型iPhoneを買うという選択なので常に新しいiPhoneを使い続けたいなら最適な買い方ではないでしょうか。

ペイディの審査を受けた時点で自己破産確定から3年目だったことも関係はあったかもしれないです。それとペイディの利用履歴があった事、他社の後払い履歴があったこと、個人事業主用のサービスをいくつか利用していたなど関係していたかもしれません。

 

オリコ・ペイディで分割できなくてもiPhoneは買える

iPhoneを購入するのにオリコでのローン、ペイディの分割ローン審査に落ちてしまっても、iPhoneをAppleストアで購入する方法はあります。現金を審査の通りやすく、安心の金融業登録会社で借りて購入する方法です。この方法だと金利面だけが違いますが、融資金額に余裕が出る事が多いので購入するデバイスやApple製品を複数購入する事もできますね。お金を借りて買う方法の利点は、Appleでの審査よりも融資してもらいやすい事です

 

 

 

 

 

 

 

他の方が読んでいる記事