借り入れができないのはどういう理由から?

 

必要に迫られて、一時的にお金を借りようと思った時や事業を始めようと思って借り入れをしようとすると、借り入れをする為の審査に落ちてしまってガッカリする事もあります。

審査に落ちる心当たりも無いのに落ちてしまえば理由を知りたくなりますね。過去に落ちる理由に心当たりがあれば、どうやれば借りる事が出来るようになるのか気になります。

ここでは借り入れをしたいのに借りられない理由、審査に落ちる理由、借りられない時に何か方法がないのかを解説します。

 

自己破産・任意整理・延滞を過去に経験しているけれど今すぐ借り入れしたい方で急ぎの方は、厳選4社を最終部分にまとめて掲載していますので、スクロールをしてご覧ください。

 

自己破産歴があると審査面で不利になってしまう

自己破産歴があると審査面で不利

 

自己破産を経験すると審査が不安に感じる事が多いようですが、自己破産をしたからといって生活面では影響が大きいわけではありません。金融商品の審査面でも一定の商品に関しては不利ですが、全ての審査で落ちてしまうというわけでもありません。

 

自己破産に至った理由はそれぞれ違う

 

自己破産に至るには単に借金が返せなくなって個人的に破綻するというイメージは多いかもしれませんが、実際には単純な理由で自己破産をしている人ばかりではありません。

 

  • 法人などの融資の連帯保証人になっていて破産
  • 親族や他人の借り入れを肩代わりしての破産
  • 知人や他人から連帯保証人を頼まれての破産
  • ギャンブルや浪費による返済不能の破産
  • 多重債務や多額の借り入れによる破産
  • 離職・倒産・不景気による返済不能破産

 

自分だけの不手際100%じゃない破産もある
自己破産といっても、内容によっては良くないものと仕方なかったものがあるってことですね。例えば会社の代表者として長年多くの従業員に給料を支払っていた健全な会社でも、世の中の状況に影響されて支払いが出来なくなって倒産してしまう事も可能性としてありますが、会社の借り入れには多くの場合、代表取締役社長の保証人契約が求められます。法人の借入額は数千万円以上である事も稀ではないので、返済をしたくても出来ない事から自己破産を選ぶ事もあります。個人による連帯保証人をしていて返済不能になったケースも同じく自分が作った借金ではないですね。こうした自己破産も含まれるので、全ての自己破産が同じように借金をしすぎた結果というわけではないのです。

 

借入時の審査で自己破産の内容を聞く事は?

借入時の審査

 

破産をしても5年~10年自己破産確定から経過すれば借り入れ出来るという事は言われますが、自己破産から5年以内でも借り入れが出来たという事例も多い理由に関して調べると、全てのサービスが利用できるわけではなく、自己破産5年以内の借り入れ実績が高い事業者がある事がわかっています。

 

自己破産後5年以内に利用が出来ないサービス

 

自己破産をすると全ての借り入れやローンが使えないと考えている方がいますが全てではありません。自己破産をして借り入れが出来なくなったり、ローンなどが使えない理由としては信用機関に書かれている自己破産をした事実を重視するからです。

一般的には自己破産をすると信用情報に記載されているので、それを審査時に見ると審査に落とす傾向にあります。リスクを最大限排除しようとするのは仕方のない事です。

 

自己破産確定から5年は利用が厳しいもの
  • 大手クレジット会社のカード新規発行
  • 自己破産時に債務者となった会社商品
  • スマホの本体分割のサービス
  • 銀行系のカードローン・各種ローン
  • 大手消費者金融のローン・キャッシング
  • 不動産・住宅ローン
  • 信販会社によるショッピングローン

 

自己破産5年以内でも借り入れ実績があるのは

借り入れ実績があるのは

 

自己破産後の経過期間も影響します。自己破産完了後の数ヶ月後と、2年後、3年後、4年後では印象が異なります。自己破産後の数ヶ月はどのサービスも審査落ちとなる可能性が高いという実績があります。

自己破産確定後2年後以降に可能性が出てきます。この段階で収入面、仕事など生活環境が安定している必要があります。安定した収入が確保されていれば借り入れが出来る可能性が出てきます。

 

ポイントになるのが基本的には5年以上経過が必要な事

 

自己破産をすると、信用情報機関のCIC、JICC、銀行個人信用情報センターなどに記録されています。クレジット会社や借り入れができる消費者金融では、GICとJICCを活用する事が多い事で記録機関の5年が最低限の経過時間必要です。銀行関連だと10年程度かかると言われます。信用情報機関にはそれだけ情報が残る前提で借りられる会社があるのはなぜかを知っておくと理解しやすいでしょう。

 

信用情報を記録している大手3社では5年~10年という長い間審査をしようとする会社が情報を参照することができるので、大手だとまずこの時点で審査を落とすようになっています。

比較的だれでも審査が通りやすいという口コミが多い携帯電話本体の分割申し込みも審査落ちとなる事が知られています。

なので5年以内に審査に通過する業者は一般的な審査と違った方法を取り入れています。その方法とは個人ごとのヒアリングと自社の過去データによる審査です。

 

自己破産をした人たちはリスクがあると判断する

自己破産をした人たち

 

著者も自己破産経験があるので身をもって知っていますが、自己破産をするとリスクがあると判断されます。その理由は、借金を返さなかった事実があるからです。

著者の場合、法人の代表取締役を長年やっていて会社の借入金の連帯保証人として署名していました。自分の保証があって融資が出されたので、会社が倒産となった時点で連帯保証人である著者に数千万円の返済義務が発生しました。

当時返済が出来ない状況であったので会社の破産と同時に著者個人も自己破産するほかに選択肢がありませんでした。こうして自己破産者となるとことごとく審査類は通らなくなります。

 

携帯電話も分割契約が出来ずに古いままか一括購入か

 

スマホは生活必需品なので新たに事業をするにも必須です。なので中古のスマホを購入するか、新品を一括で購入するか、各種バーチャルカードを使うなど考えないとどうにもなりません。

とにかく自己破産すればほとんどのローンや分割といったものは使えないので、常に現金を稼いでしっかりと生活を安定させていかないとイザという借り入れはできないのがネックです。

 

自己破産者はかなり頑張って生活を立て直す人も多い

 

著者も例外ではなく、クレジットカードが使えなくなり新規申し込みもできず、スマホの分割払いすらできないとなれば、一生懸命に生活を立て直そうとします。

収入を安定させたり、増やそうとしたりしてそれまでより稼ぐようになる人も少なくありません。自己破産で社会的信用が無い代わりに現金をしっかり稼がないと不安だからです。

こうした頑張っている人たちを評価する会社が少なからず存在します。それが自己破産後5年以内でも借り入れが出来る可能性がある借り入れ事業者です。もちろん違法な危ない業者ではなく正規の金融業者登録をした事業者です。

 

自己破産後5年以内の申し込みでもしっかり審査

自己破産後5年以内の申し込み

 

自己破産後5年以内はお金の借り入れをしなくて良いくらい現金を稼ぐ事が大事な事ですが、状況によってはお金を借りて、生活を改善したほうが有利な事もあるでしょう。

未来の生活安定、向上の為に借りるものは悪い借り入れとは言い切れません。自己破産を経験していると借り入れと返済に関して責任感を強く持っている人も多いのです。

 

審査で自己破産後の状況をヒアリングする事業者

 

現実的に自己破産の記録が信用機関に残っていると、多くの金融関連会社の審査では前段階で弾かれてしまいます。審査をするかなり前の段階で審査落ちと判断しています。

自己破産をしたといっても実際にはそれぞれ状況は異なるものですが自己破産という行為そのものが信用という面では最大のマイナスになってしまいます。

 

現在の仕事・収入・返済能力を審査できる事業者

現在の仕事・収入・返済能力を審査

 

自己破産すると借り入れ審査にことごとく落ちる傾向ですが、唯一自己破産後5年以内でも審査に通過した事例が多いのが、消費者金融系の審査を柔軟にしてくれる事業者です。

審査が甘いとか、審査がゆるいとかではなく、独自の審査が出来ると解釈したほうが良いです。こうした事業者は自社で過去に多くの顧客に融資をしているので、返済をしっかりしてくれる傾向を把握しています。

 

自己破産者で5年以内でも過去に返済した人がいる

 

自己破産をして5年以内であっても、過去に返済をしっかりした人が多くいるので蓄積したデータは審査に活かされます。過去にしっかり返済した人の中に自己破産者がいるので、その傾向とマッチングすれば融資をします。

現在の仕事、収入といった情報を調べる事で、返済能力があると判断すれば自己破産後5年以内でも融資をしています。こうした事業者は複数あるのでどうしても融資が必要であれば審査申し込みをしてみると良いでしょう。

 

自己破産後でも融資される可能性がある人とは

自己破産後でも融資される可能性がある人

 

自己破産後に生活が安定せずに、収入もほとんど無く、返済する事が明らかに難しいと判断される状況なら審査は難しいと思われます。では審査合格する可能性がある人の内容はどうかについてです。

 

  • 自己破産確定後に1年以上経過している
  • アルバイト・パートなど収入がある
  • 正社員・派遣などで収入がある
  • 自営業・法人代表などで収入がある
  • 現在の仕事を始めて半年以上経過している
  • 持ち家があって家賃を払う必要がない
  • 賃貸の場合現在の場所で3年以上住んでいる
  • 他の消費者金融で借り入れがない

 

安定した収入・住居環境があることが条件

 

自己破産後5年以内に借り入れを受けるのに必須なのは、現在自己破産の影響を受けていない事です。メールや電話でこの部分を確認します。現時点で安定した収入があって、住居が確保されているなら審査合格可能性があります。

融資をする時に重視されるのは現在の状況になります。自己破産をする人の中には能力があってすぐに生活を立て直した方、そのまま収入が安定しないで貧困のままという方もいるでしょう。

融資する側は返済をしてもらうことが大前提なので、この分をしっかり確認するのは当然なので、そこに問題がなければ優良な自己破産経験者として判断される可能性があります。該当すると思えば融資審査に合格する可能性があります。

どの場合も審査は自己破産後5年以上の方よりは慎重になるので審査落ちする可能性はあります。審査落ちしても他の会社に申し込めば融資されたという事例もあるので、数社を試すのも良いでしょう。

ただし余りに多くの会社に同時に申し込むのは良くないので、数社を試す程度にして融資が無理な場合にはもうすこし時間を置くと良いです。

 

お待たせしました!自己破産していても可能性大の厳選4社!

 

長々と説明を読んでいただいた方に自己破産経験、過去に延滞経験、任意整理経験があっても借りたい方が審査に合格できる可能性がある会社の中から、融資実績がある会社を厳選に厳選を重ねた4社はこちら。

 

厳選借り入れ会社①
自己破産でも借りられる可能性が高い会社紹介

©キャッシングのいつも

 

柔軟な審査と会社自体の歴史の長さ、利用者の口コミも多く、「優良」「助かった」という感謝の声が多いのが驚くキャッシングのいつも。スタッフのインタビュー記事では、どうやったら貸すことが出来るかという視点も持っているので、生活費用に困った利用者を助けたいという考え方が非常に好感が持てる会社。消費者金融は本当に困った時に助けるという使命感も感じます。審査自体は厳しくも甘くも無いという中間的なものですが、過去に自己破産していても現在の状況を審査する傾向が高いので、多くの利用者が不安な審査を通過して融資をしてもらったという実例が多いです。以下から審査を試して下さい。
厳選借り入れ会社②
自己破産でも借りられる金融の紹介

©ハローハッピー

 

ハローハッピーの審査が自己破産経験者でも不安なく行えるのは、ホームページ内の質問コーナーにしっかり明記してくれているからです。自己破産、民事再生、調停、債務整理経験があっても現在の収支バランスを見ますと書かれているのは心強いです。現在の収支バランスということは、現時点で安定した収入があって、返済に問題がないなら融資可能性が高いので、他社で無理と思っても審査を試す価値は十分にあります。無理の無い借り入れなら悩む前に。審査申し込みは下のボタンですぐできます。
厳選借り入れ会社③
債務整理でも借りやすい会社

©キャッシングのフタバ

 

4社の中で見逃せないのがキャッシングのフタバ。まず社風が大手のような金利ゼロサービス、仮審査を試すシステム、返済を試すシステムを公開しているのでちゃんとしているという印象が強いはずです。同時に審査に関しても自己破産経験があっても審査が可能で中小の良さと大手並みの考え方があるので、過去の信用での不安があっても審査通過した実績があります。現在安定した収入があれば審査を申し込めるので、借り入れを必要としているなら見逃せません。審査は以下ボタンから行えます。
厳選借り入れ会社④
過去の延滞があっても審査できる借入先

©キャッシングのエニー

 

柔軟な審査だけでなく、複数の借り入れがあって困っている人々にも愛されているのがキャッシングのエニーです。審査自体は厳しいものではなく、利用者の収入があるかどうか、安定度はどうか、金利返済ができるかなど、個別に審査してくれる傾向があるので、過去に自己破産経験があっても審査に通過する可能性はあります。融資審査が早いのも特徴なので仕事の合間でも審査を試せます。下ボタンから。

ホームページ内で自己破産、任意整理経験者でもお問い合わせくださいと書いてくれている事業者もあります。何より各社審査に柔軟な体制をもっているので申込者に対して公平な審査をしている実績があります。

申し込みをした瞬間に即座に審査落ちとするのではなく、申込内容を精査してくれるので自己破産や任意整理、延滞の経験があるけれど、現在は安定した収入があるなら可能性はあります。

こうした柔軟な審査をしてくれる会社は多くないので実績のある所を申し込むのが時間と労力の節約になります。審査通過となることをお祈りしています。

 

融資審査は各社の基準によって変わります。審査に100%誰でも合格するものではありません。審査や融資に関しては、申し込みをする各社に問い合わせれば回答がありますので不明点などは掲載各社に行って頂きますようお願い致します。融資は必ず返済が必要となりますので計画的なご利用をしましょう。

 

 

他の方が読んでいる記事