クレジットカードの審査基準は?カードの審査解説

クレジットカードの審査は厳しい?その仕組みとは

 

クレジットカードを入手しようとすると審査が事前に行われます。その時にどういう審査が行われているかどうかは、発行するカード会社によって少し違います。

共通する部分、各社によって異なる部分がありますがカード発行会社は自社の審査に関して詳細は公開していませんが、発行済の利用者のコメントなどから大体の傾向がある事がわかっています。

 

クレジットカードの発行はだれでも出来る?

クレジットカードの発行

 

クレジットカードの場合、消費者金融などが提供する現金融資とは少し趣向が異なります。現金融資の場合、高い金利にして審査を甘く、融資金額を低く設定したり、ヒアリングによって適性を確認したり個人に合わせられます。

対してクレジットカードの場合、長期的にカードを貸し出す仕組みなので、信用度の高い人にだけ発行したいという基本があります。

基準が一定あるために、基準に満たないとカードの発行をしない事があります。審査基準は厳しいカード、甘いカードがあるとされますが信用情報に問題があるとクレジットカードの場合基本的に発行は難しいとされます。

 

クレジットカードの審査の第一段階

 

クレジットカード発行元が参照する情報機関として3つの代表的な機関は以下です。

クレジットインフォメーションセンター

©CIC

クレジットインフォメーションセンターは「CIC」として表記する事が多いメジャーな信用情報機関です。加盟しているクレジットカード発行会社が多いです。クレジットカードを発行するならCICに金融事故の情報記載が無いほうが有利でしょう。銀行系、信販系に関わらず多くの企業がCICの情報を参照して審査しているので、CICに残されている過去の金融情報は見られる可能性が高いと考えたほうが良いです。
日本信用情報機構

©JICC

日本信用情報機構はJICCと表記されることが多い信用情報機関です。加盟店一覧を見ると消費者金融の名前が非常に多いですが、クレジットカード発行会社も含まれます。複数の機関を参照する事も考えられるので、CICと共に過去の信用情報に自己記録が無い事が必須となります。
全国銀行個人信用情報センター

©全国銀行個人信用情報センター

全国銀行個人信用情報センターは一般社団法人全国銀行協会による情報機関です。銀行または法令によって銀行と同一視される金融機関、政府関係金融機関、信用保証協会、これらに推薦を受けたクレジットカード会社や保証会社が加盟できる組織になっています。なので政府系の機関から融資を受ける時、保証協会の保証の付いた融資、銀行系のカードや融資の時に参照する可能性が高いといえます。

 

1つの個人金融信用機関だけを参照するとは限らない

銀行の発行するクレジットカードを発行

 

銀行の発行するクレジットカードを発行しようとするとき、全国銀行個人信用情報センターに過去に事故情報が無いから審査は全然問題ないかと言えばそうとも言い切れないのが現在の審査です。

提供を受けようとしているサービスに、他の保証会社が入っているとしたら保証している消費者金融や、信販会社や、保証会社が個別に審査をしているという事もありえます。

そうなるとCICやJICCも参照される可能性があります。代表的な3つの信用機関全てに金融事故記録が無い事が理想といえます。

 

提携クレジットカード・プロパーでも

 

プロパーであっても、提携クレジットカードであっても複数の情報を参照する可能性はあり、信用情報機関同士でも情報の共有が行われているという事もあるので、過去に金融事故をおこした記憶があれば審査前に整理するほうが良いでしょう。

またこれら3つの信用機関では申し込み情報や延滞情報が交流されているのでどこかに重大な金融事故が書き込まれると全滅してしまうという事態も想定しなくてはなりません。

 

気になる過去の金融事故が消えるまでの期間

金融事故が消えるまでの期間

 

過去に失敗をしてしまっても一生金融事故が消えないという事はないので目安として以下のデータを覚えておくと良いでしょう。誤差があるので表示から数ヶ月経過すればほとんど問題ありません。

気になる場合、各機関に開示させられるので自分の情報を開示して確認するほうが間違いありません。注意したいのが、稀に自己破産や金融事故があっても表示期間より早くに借りられる消費者金融がある事です。

こうした早い段階で借りられる状態で延滞を繰り返したり事故を起こすと記録は延長されます。またCICでは自己破産(官報情報)は記録しませんが、免責となったカード会社などがそれを記録するため実質そこから5年となります。

 

CIC 銀行センター JICC
自己破産 5年 10年 5年
申し込み情報 半年 1年 半年
多く加盟する業種 カード会社 銀行・保証会社 消費者金融
延滞記録 5年 5年 5年

 

クレジットカードの審査はまずは信用機関情報

 

消費者金融でも大手の審査(アコム・プロミス・アイフルなど)はクレジットカード発行に近いイメージです。信用情報機関に金融事故記録があると、この時点で審査落ちにする会社が多くなっています。

中小消費者金融だとヒアリングで緩和する事もありますがクレジットカードだとこの部分は厳格になってきます。比較的発行しやすいと言われる消費者金融系のカードでも同等で、信用情報記録が好ましくないと早い段階で審査落ち判定となる事例が多くなっています。

 

審査は信用機関情報に問題なければ次の段階へ

審査は次の段階に

 

審査は次の段階に移行します。信用情報機関に問題が無い状態とは、過去に一定の金融サービスの利用がある事と、その利用に関して問題なく返済を行っている実績の記録です。

延滞がないこと、同時にいくつもの申し込みをしていない事などの基準を満たした状態で次の段階に進む事になりますが、信用情報に延滞がなくても問題になる事があります。

 

延滞以外の信用情報記録での問題
  • 短期間に複数のクレジットカードを申し込みする
  • 信用情報に全く記録が残されていない

 

過去の数ヶ月(半年以内)に何枚もクレジットカードを申請していると、その記録が残されています。申し込みした事実は記録されて半年程度残される事が多いので、それを過ぎて申し込みをしたほうが良いです。

同時に申し込みを何枚もしていると、経済的に悪い状況かもしれないと判断されかねません。同時に過去に全く記録が無いと問題視します。年齢が20代であれば可能性はありますがそれ以上だと、何かしらの事故があって5年~10年経過で情報が削除された状態と思われます。

回避方法としては携帯電話の分割を使用してから申し込みをする、審査が緩いと言われる提携カードを先に発行してあとから本命のカードを申請するといった記録を作る努力が有効です。

 

その他の個人情報の審査項目例

 

個人にクレジットカードを発行する際に見られている部分は次の通りです。クレジットカードによって審査基準は違いますが、平均して以下の項目を満たしていると審査に通過する可能性は高いはずです。

総量規制(お金を借りる時は年収の3分の1まで)に関して、クレジットカードのショッピング枠は対象外ですが、クレジットカードにカードローン(キャッシング)が付いていると、この部分は対象となります。

クレジットカードでキャッシング枠を外せる場合、既に他の金融会社で総量規制にギリギリだと外さないとクレジットカードのキャッシング枠のせいで審査落ちする可能性があります。

審査属性に関して以下ですが平均値なのでこれに該当しなくても審査合格した事例は多くあります。審査は全ての項目を点数化して合計で考えるので一部不利でも他で補えば問題無いです。

 

年齢 30~40代有利
年収 平均300万円以上有利
居住 持ち家・賃貸共に同等
職業属性 正社員有利
他社カード枚数 平均3枚以内
職業 安定した職業有利
居住年数 長期有利
電話 固定有利携帯可
勤務先 大きな規模有利
勤続年数 長いほうが有利

 

安定した収入と継続性を重視するカード審査

クレジットカードは安定した収入、安定した仕事

 

クレジットカードは安定した収入、安定した仕事(収入の維持)を重視する傾向にあります。カードの特性上、長期間(有効期間が長い)使用できるもので、クレジット機能は継続して存在するものなので金融事故を嫌います。

ゴールド・プラチナ以上のカードがステイタス性もあるといわれるのは審査がしっかりしていて、厳格な審査基準があって誰でも簡単に発行できないという面もあります。

 

審査基準が甘いといわれるカードは

 

CICなどの機関の解説にもありますが、審査機関がクレジットカードの審査に関与している事はありません。審査はクレジットカードを発行する会社が行うものなのです。

という事は、クレジットカード会社の考え次第では審査に通過するし、通過しないかもしれません。この違いはクレジットカード会社が多くを出来るだけ発行したいとか、厳格に審査して厳選した利用者に発行したいのかといった考え方で変わってくる事もあります。

キャンペーン期間で新しく作った新銘柄のカードを普及したいと考えたとしたら、厳しい審査をしていると発行する枚数は減ります。こういったキャンペーンの期間は比較的発行審査がいつもより優しいかもしれません。

 

クレジットカードの発行は難しくはない
クレジットカードの審査は決まった基準は無いですが、過去に延滞がなく、もしも自己破産や延滞があっても5年(銀行系の場合10年)経過すれば情報はクリアされるので、その後記録を更新していけば信用情報による審査落ちは減ります。あとは収入・居住などの属性を整えれば多くのクレジットカードの審査基準は満たせるでしょう。上手に利用してください。ただし、過去に免責対象となった同じカードの発行はほぼ不可能とされているので、免責となったカード会社以外を申し込むほうが良いでしょう。

 

他の方が読んでいる記事