無利息期間サービスってどういうもの?

無利息で借りられる事自体が怪しい

 

融資を受ければ金利がかかります。無利息を打ち出しているのは多くがフリーローンで大手銀行でもキャンペーンとして行うまでになっています。お金を貸して金利で利益を得るはずのビジネスなのに無金利期間を設けるのは何となく怪しいと感じる方もいるようです。

 

無金利は文字通り指定期間の間、金利無しで貸し出し

金利ゼロ期間を使う

 

通常フリーローンでは銀行系で最高15%前後、消費者金融系でも最高18%程度の金利で融資をしています。銀行系は13%系もありますが稀です。金額が大きいと(100万円以上)10%以下という事が多いですが、どの場合でも0%で貸し出す事はありません。

金利が0%というのは利益が無いということなので赤字になる為です。金利ゼロがあるとすれば給付金に近いような国からの緊急の貸付などで見られるくらいで、ビジネスとしての世界ではありえない数値です。ではどうして金利を取らない期間を設けているのでしょうか。

 

顧客確保をしないと競合が増え続けている

金利ゼロを活用する

 

本来無金利期間を設けるとせっかくの利子を得る機会を捨てる事になります。なのでやりたくないはずです。しかし行う目的は集客です。特に新規の初めてフリーローンを利用しようかな?と迷っている人の背中を押す目玉が無金利期間というサービスです。大規模な広告にお金を使ったと思えば30日~60日程度の金利をゼロにしたほうが効果的な事もあるでしょう。

フリーローンの場合一度使うと便利なので長期的に反復して限度額内で使う事が増えがちです。まずは最初に契約して借り入れてもらう事で末永く使ってもらえる可能性が増えますね。

なので利子の無料キャンペーンは怪しいものではなく、利用者を増やす為、利用者に契約するきっかけになってもらうために行っている企業努力なのです。

 

金利ゼロ期間キャンペーンをする企業は優良!?

金利ゼロ期間を活用する

 

現存する全ての消費者金融を出来る限り見比べていくと全ての業者が無料利子期間を設けているわけではありません。無利子期間を設けている事業者は顧客の獲得に積極的で、サービス・対応が良い評判が多い所が多いのも印象的です。無利子期間を設けるのはキャッシュバックと同じ事なので顧客に対して還元する意識が高いとも言えます。同じ金利・同じ借入額であれば無利子期間キャンペーンをしている事業者を利用したほうがお得です。

 

誰でも使える無担保+低金利+審査優しいフリーローンなら
利用者の事を考えてくれる「アロー」キャッシング
  1. フリーローン200万円まで借り入れ
  2. フリープラン年利15%から
  3. 最大180回払い15年以内対応
  4. 担保保証人が不要
  5. 最短45分で審査完了OK!
  6. 仮審査お試し3秒診断OK!
  7. 返済シミレーション可能
  8. 他社借り入れおまとめ対応

 

 

複数借り入れで苦しまないで低金利の1本化で楽に返済
返済を楽に有利にする乗り換え1本化U-Finance
  1. 年利7.3%からの低金利実施
  2. 最高融資額700万円まで可能
  3. 複数借り入れを1本化して楽々返済
  4. 複数借換総量規制「例外」基準実施
  5. 簡単審査・申し込みでスムーズ

 

 

事業資金で困ったら迷わず低金利+素早い融資実績
事業資金年利2.5%から5000万円まで対応ファンドワン
  1. 金利2.5%からと低金利融資
  2. 事業資金の融資実績数圧倒的
  3. すぐに必要な事業資金を融資
  4. 5000万円まで融資対応可能
  5. 無担保・担保あり両方対応
  6. 最高1億円大型資金も対応
  7. 融資相談幅広く気軽に可能

 

他の方が読んでいる記事