借り入れQ&A【基本総合知識編】

借り入れに関するQ&A【総合編】

借り入れネット目次

 

借り入れ全般に関する疑問を解決するQ&Aです。素朴な疑問・融資を受ける前と後で起こりがちな悩み。質問で多いものをピックアップしてまとめました。借り入れの参考にしましょう。

 

融資をしてもらうのに職種・役職など関係するの?
住宅ローン・銀行系目的ローンなどの比較的審査を厳重に行う融資では正社員であること、勤務期間などを重視する事もあります。消費者ローン・銀行フリーローンでは職種・勤務期間を重視しない傾向にはあります。パート・アルバイトでも融資審査対象となるものもあります。

 

初めての借り入れは審査に不利になるの?
過去に全くローンや融資の経験がゼロの場合よりも過去の借り入れと完済情報が信用機関に記録されているほうが融資会社の審査時は有利になります。スマホの分割支払いをしている方はスマホの分割もローンと同じ扱いなので情報記録があるので、審査時に有利になります。逆に全くの初めての借り入れを歓迎する融資会社もあります。

 

融資・カード利用履歴ゼロ「スーパーホワイト」は信用無し?
スーパーホワイトと呼ばれるのは信用情報機関に情報が全く無い方の総称です。クレジットカードを申し込み・発行・返済した全てが書き込まれる信用機関では、審査のたびに金融会社の審査担当者が情報機関にアクセスして申込者の過去履歴を参照します。その時に過去に申し込み者の登録が無い、利用履歴が真っ白で何も書かれていない場合、「自己破産」「債務整理」などで融資利用が出来なかった方ではないか?と考えます。若年層(1代~20代前半)なら本当に融資利用をした事が無い、高齢層(60代以上)でも考えますが、そうでなければ現代社会で携帯分割(もローン同等記録される)すらも無い白紙だと疑われます。信用が無いというよりも参照するデータが無い事なので審査時に他の要素で審査するので、書類内容が重視されます。

 

銀行って対応が厳しいの?審査はどう?
銀行といっても全国に様々な銀行があるので銀行によって行風は違います。都市銀行だと多少事務的な所が多い印象ですが全国の大企業を取引先のメインとしている事もあり非常にシビアな面があるのも事実ですが、都市銀行も時代に合わせてフリーローン商品を出すなどしています。フリーローンは消費者金融との競合も起こるので柔軟な対応をしている銀行も多いです。地方銀行・信用金庫などでは地域密着型が大半で地元住民に対して臨機応変な対応をしています。ただ銀行・信用金庫などは銀行法や信用組合法などの基本ルールがあることから、一般貸金業とは元々少し基準や目的に違いがあります。銀行は厳しくてキッチリしているというイメージがあるかもしれませんが、元々銀行は企業に事業資金を貸し出して社会貢献するベースがあるので一般貸金業に比較すると厳しめの部分もある程度あります。

 

借入額って好きなだけ借りられるの?
現在は法的に無理な貸付が出来ないようになっています。年収に対して3分の1までの貸付にするという決まりを作った事で年収に応じて最高額が設定されるようになっています。

 

最高借入額を増やす為に年収を多めに申請してはどう?
年収をごまかす人がいたら、元々の目的である「貸しすぎによって多重債務者を減らす」目的が意味を持ちません。なので貸金業者は融資依頼してくれた方から収入の証明を提出してもらっています。確定申告書・収入証明など確実に確認したものがないと基本的に貸し出せません。レアケースとして収入証明が出せない、確定申告書が無い方に対して、最低収入(企業によって例えば年収想定50万円~100万円以内など)で計算をして融資額1万円~10万円を融資するケースは実際にあります。年収を偽造したりは出来ません。

 

クレジットカードによって審査が厳しいとか甘いとかあるの?
クレジットカードの審査は信用機関のカード申込者の方の過去信用情報記録が重視されます。次に自社での利用履歴、申込書に書かれた属性などです。同じ会社のカードならプラチナ、ゴールド、ノーマルといった限度額やステイタスの高い順に審査が厳しいとされます。他社同時の比較だとJCB・三井住友が厳しめ、アメリカンエキスプレスは独自審査で申込者によりムラあり、ニコス・イオンは若干甘め、提携の楽天やYahoo!は甘めといった形で過去に審査をした人達の口コミを総合するとカードによって難易度が違います。しかし個人の信用度や年収や属性が全てなので全てのカードに問題なく審査通過する方もいれば、特定カードは発行されても他はされないといった違いがあります。

 

審査落ちしたくない。発行されやすいクレカは?
クレジットカードの審査は誰にでも同じ結果を出すようで個人差があります。クレジットカードは発行するカード会社独自の審査基準があります。その審査に関して公開しているカード会社はありません。自社の審査基準がどこにあるのか、どの部分が許容外だと審査落ちにするかが実際は誰もわかりません。わかるのは過去にカードを発行された方々の情報のみです。そうした内容を集約すると発行キャンペーンを行っている提携カードが審査に甘い傾向にあります。発行枚数を増やしたい時期にはプロパーカード(JCBなどカード会社独自のオリジナルカード)でも審査を甘くしてでも多く会員を増やしたい時期があります。カード会社がキャンペーンをする時期に審査申し込みすると可能性が高まりやすいです。提携カードである楽天カード、Yahoo!カード(信販会社と提携した自社ブランドカード)などは発行枚数を増やしたい傾向にあって、利用限度額を少なめに設定してキャッシング機能を省くと審査難易度は下がる傾向にあります。

 

クレジットカードは何枚も持つことが出来るの?
注意すべきは一気に何枚も申し込みをしない事です。カード発行会社が気にする事として「きちんと利用代金を支払えるかどうか」です。ここがカード会社としては最重要部分なので審査時に慎重に申し込みした方を見極めます。カードをそれまで1枚も保有していない方が、他社にも同時に申し込みをしたとしたら警戒します。なので1枚発行してもらえたらそれを利用、返済、完済を繰り返して実績を半年以上作る事が得策です。信用情報機関にはカード申込も利用履歴も全て記載されるので、ごまかしは出来ません。カードを使いながら期間をあけて二枚目、三枚目という形で申込をしていけば信用と同時にカードも増やせます。実績では平均で3枚から5枚まで発行は問題なく出来ます。5枚以上になると所有しすぎという判断になるので気を付けましょう。年収・属性によってはそれ以上も可能ですが5枚あれば十分使用に困らないでしょう。

 

 

ゴールドカード・プラチナカードは簡単に持てる?
ゴールドカードを発行しているカード会社は多いですが難易度に差があります。銀行系である三井住友VISAゴールドだと銀行系カードなのでノーマルの発行も独自の審査だと言われます。しかしノーマルカードが発行される方はゴールドも発行しやすくなります。しかし利用実績が1年以上あったほうが有利です。JCBゴールドはプロパーカードで(信販系自社カード)以前はインビテーションメイン(ノーマルカードを多く利用する方にゴールドカード入会の案内をする)でしたが現在はノーマルカードを保有しなくてもゴールドに申し込みして審査通過も多くなっています。イオンカードなど提携カードでは年間ノーマルカードの利用額によってゴールドカード申込案内を送付するなど各社ゴールドカードの位置づけに微妙な差があります。以前に比べるとゴールドカードのステイタス性が下がってきたとも言われています。審査が甘めになっている(発行枚数の獲得のため)傾向です。キャンペーン期間を設ける事もあるのでキャンペーンを見たときに申し込むのも良いでしょう。プラチナも同様です。ノーマルカードに比べると年収・属性・信用情報など審査は厳しくはなります。

 

大手消費者金融と一般消費者金融の違いがわからない
内容はほとんど変わりません。法改正後は年利上限20%以下に規定されたので貸金業登録をしている全ての消費者金融は厳守しているところばかりです。20%以上の年利を請求している貸金業者はこれに該当しない未登録業者だと判断して使用しなければ問題ありません。大手と付くのは売上や利用者が多く銀行と提携するなどして社会的認知度が高い会社です。プロミス・アコムなどがこれにあたります。対して大手以外の消費者金融は街の金融屋さんとして街金と言う事もあります。前記の通り経営内容は大きな違いはありません。金利がほとんど変わらないので大手に対抗するために、無金利期間を設けたり、審査を甘くしたりして利用者獲得の為に努力をしている事業者が多いのも特徴です。

 

フリーローンとかで延滞したら取り立てが怖い?
銀行系、消費者金融系、クレジットカードの借り入れ全て借入金の返済は返済期日を過ぎる事はダメです。信用機関に「延滞」情報を記載されるので他社が審査する為に自由に閲覧出来てしまいます。月別に返済を正しくしたかまで記載されるので年間で一度でも未払いや延滞があると記録として残ってしまいます。延滞や未払いをする前に連絡をして対応を聞く事が大前提ですが、未払いになったり延滞になった場合には、取り立ての為に誰かが家に来たり、職場に来て待ち伏せたりとかはありません。法令で禁じられているのでもしも行った場合には社会問題になります。電話で本人に連絡が入って状況を聞いたり、説明を求めたりが限度です。もしもこうなったら必ず電話に出て事情説明をします。無視すれば未払いとして処理されてしまい法的処置となる事もあります。ただしこれは貸金業登録をしている会社の場合で未登録(闇金)だと執拗な取り立てをする事があるので利用してはいけません。

 

金利が2%~20%と幅があるのはどうして?
金額が大きくなると金利が大きいと膨大な額になるのを懸念して金額に応じて一定規定があります。10万円以下の融資では20%以下に、10万円以上100万円以内では18%以下に、100万円以上では15%以下に年利を設定するようになっています。住宅ローンだと少ない金利でないと数千万円の融資となるので返済が大変だし、自動車ローンでもそうです。現金融資も同じで1万円~10万円の小口融資では金利は18%前後が多くなっています。銀行系、消費者金融系でも差があります。銀行系が少し低い傾向です。

 

無担保・無保証人とはどういうこと?
担保は融資をする代わりに土地や家の権利を預けるものが一般的で、万が一借入金が返済できない時に、担保を回収するものです。住宅ローンを組む時には住宅が担保となる事が多いです。不動産担保ローンは保有している土地や家屋を担保にして融資を受けるものです。担保価値に応じて高額な金額の融資を受けやすくなります。担保があると貸すほうもリスクを少なく出来ます。無担保融資とは担保がないものなので申込者さんの信用だけで貸付を行うものです。保証人は連帯保証人で借主さんが返せなくなった時に返済義務を負う契約です。無保証人は保証人無しで申込者さんだけの信用で貸し付けるものです。
カードローン・振り込みローン・フリーローンの違いは?
カードを発行するとカードを受け取る必要がありますが、カードがあると全国のATMでいつでも融資を受ける事が出来るなど利便性は上がります。カードが不要な場合例えば融資額を増やしたくないので1回限りの融資でやめたい、カードは必要ないといった場合に申込者さんの口座に直接振り込みをして融資完了なのが振り込みローンになります。フリーローンは目的ローンとは違って融資されたお金の使い道は自由な融資商品です。

 

融資申し込み方法はどういうのがある?
スマホの普及でスマホを使ったネット経由での申し込みが増えています。最近ではかなりの銀行・貸金業者がネットでの融資受付を実施。ホームページを持っているのは当然の事として仮審査から審査結果まで全て完結する事も珍しくなくなりました。銀行が行っている融資では銀行窓口でも、消費者金融では街中の自動契約機設置場所でも可能です。時間的に急いでいる場合にはホームページ経由の銀行振り込み方式が早い傾向にあります。

 

誰でも使える無担保+低金利+審査優しいフリーローンなら
利用者の事を考えてくれる「アロー」キャッシング
  1. フリーローン200万円まで借り入れ
  2. フリープラン年利15%から
  3. 最大180回払い15年以内対応
  4. 担保保証人が不要
  5. 最短45分で審査完了OK!
  6. 仮審査お試し3秒診断OK!
  7. 返済シミレーション可能
  8. 他社借り入れおまとめ対応

 

 

複数借り入れで苦しまないで低金利の1本化で楽に返済
返済を楽に有利にする乗り換え1本化U-Finance
  1. 年利7.3%からの低金利実施
  2. 最高融資額700万円まで可能
  3. 複数借り入れを1本化して楽々返済
  4. 複数借換総量規制「例外」基準実施
  5. 簡単審査・申し込みでスムーズ

 

 

事業資金で困ったら迷わず低金利+素早い融資実績
事業資金年利2.5%から5000万円まで対応ファンドワン
  1. 金利2.5%からと低金利融資
  2. 事業資金の融資実績数圧倒的
  3. すぐに必要な事業資金を融資
  4. 5000万円まで融資対応可能
  5. 無担保・担保あり両方対応
  6. 最高1億円大型資金も対応
  7. 融資相談幅広く気軽に可能

 

他の方が読んでいる記事