少ない金額だと審査が簡単に通って返すのも簡単?

 

現金が必要な時に金額によっては凄く悩みますよね?特に1万円~3万円程度のお金が無くて困ったときには、誰かに借りれたら一番ですが、そうもいかない事もあります。

生活費、食費などあと1万円だけあったら次の収入までいけるという時に最善の方法、消費者金融や銀行から借りるときに1万円~3万円なら審査が甘くてすぐに借りられるのかを解説します。

 

最も借りやすいのは身近な周囲の人だけど

身近な人にお金を借りてはいけない

 

金額が1万円~3万円というのは難しい面もありますよね。たいしたことがない金額だという感じる人もいるかもしれないですが、本当にお金が手元に無い時には100円でもお金はお金です。

大金を持っている人からすれば1万円~3万円は何てことないお金の額かもしれないですが、お金が本当に手元に無い人にとっては大きな金額と感じるはずです。

 

親族と友人知人には借りにくい

 

妻や夫、母親や父親なら1万円程度は借りられるかもしれません。いくら身内といっても返さないままだと不信感が生まれます。返してもらわなくて良いという裕福な家庭ならまだしも大半はそうもいかないでしょう。

そして友人や知人もお金を借りるのに1万円程度なら貸してくれるかもしれません。しかし友人や知人とお金の貸し借りがあったという記憶だけで悪い印象がどこかに残ってしまったりします。

人にお金を借りられるのか、お金を無心出来る人なのかと思われたら損ですね。何より親族や知人にお金を借りるのが出来れば苦労しません。借りる自体できないことが多いものです。

 

消費者金融で1万円は超簡単に速攻で借りられる?

1万円~3万円を超短期で借りる時に有利なのが金利

 

1万円~3万円を超短期で借りる時に有利なのが金利でしょう。仮に100万円を借りた場合年利が18%だとしたら、100万円を返すのとは別に利子が年に18万円加算される事になりますね。

18万円を12ヶ月で割ると月に1万5千円です。仮に月に1万5千円を返済したとしたら100万円は減っていきません。仮に月に2万円を返していくとすると、利子が1万5千円なので残りの5千円しか100万円の元本に対して支払いしていないことになるので、年間で5千円x12ヶ月で6万円しか減りません。

100万円を借りて年利18%だとすると(実際には1社で借りると15%程度平均)ほとんど減りません。しかし借入額が1万円だったらどうでしょうか。

 

1万円を借りるなら金利を重視しなくても良い!?

 

1万円~3万円で金利を考えなくて良い理由として、1000万円~100万円ならすぐに返すのは難しいですよね。なので返済するのに何ヶ月も何年もかけて返すでしょう。

対して1万円なら月末には返せます。もしも1万円を月末に返せなくても翌月には用意できるはずです。1万円~3万円は超短期で返せるとすれば金利の影響は限られます。

1万円の年利が18%だとすれば年間で1800円なので月だと150円程度になります。仮に1万円を2ヶ月で返すとしても金利は300円程度なので、ほぼ金利を考えなくても良いですね。

 

1万円なら銀行でも消費者金融でも審査は激アマ?

消費者金融の借り入れ

 

銀行のカードローン、消費者金融の借り入れで比較した時、1万円なら審査が甘いかというと銀行の場合は金額が50万円以下だと1万円でも50万円でも余り変わらないと言われています。

銀行の借り入れの場合、銀行の審査と銀行の保証会社となっている消費者金融の2重の審査がある事が多くなっていて金額が凄く少ないとしても審査の難易度は低くはなりません。

金額が少ないとしても貸し出しの枠は10万円~50万円に設定されることが多いので1万円しか借りられない枠というのが珍しく、通常の審査と変わらないと思ったほうが良いです。

 

消費者金融だと借り入れ希望金額が低いと審査優遇?

 

消費者金融の中でも知名度の高い大手の場合銀行や信販と同じ程度の難易度となる事もあります。3万円以下の少額の借り入れでも通常の借り入れ枠設定を前提とするので、融資希望額がすごく少なくてもあまり変わらない事が多くなっています。

対して中小の金融、少額からの貸付実績の多い金融会社だとヒアリング時に希望金額を1万円というと審査に有利になる事があります。金融会社はどこでも審査基準に大きな違いは無いですが、中小消費者金融の中には特にパート、アルバイト、債務整理経験者でも審査通過実績のある会社が多くあります。

金融業登録をしている正規の金融商品を取り扱う会社ですが競合に負けないように融資を頑張っているので、審査基準が大手に比較すると甘めになっている所が多いです。

金利も法定金利以内なので大手と変わらない信頼度を持っています。1万円~3万円を借りるのに最適な事業者を順番に掲載します。参考にしてみてください。どこも社員、パート、アルバイト、全て対応しています。

 

1万円から借りられる金融会社抜粋

 

「いつも」は審査に厳しくない顧客に合わせて臨機応変な融資が出来る会社。年齢20歳以上65歳以下が対象で収入があれば申し込みが出来るのでまずは相談してみる事をおススメします。郵送されるものがなく、申込時に自宅や勤務先に電話をしていないのも安心。1万円から申し込めるので短期に向いています。最短1時間以内で即日振込に対応しています。
⇒⇒⇒

アロー

アローは審査時間が早い。審査も厳しくなく、郵送物を送ってこないので面倒な手続きや不安は解消されています。年齢24歳以上66歳以下の方を対象にしています。1万円の借り入れもできます。仮に3万円を借りて月末に1万円、翌月に2万円を完済といった返済も出来ます。
⇒⇒⇒

フタバ

フタバは1万円から借りる事が出来て審査も厳しくなくフレンドリー。1万円~10万円以下だと年利が14.959%~19.945%なので、少ない借り入れをして最短で返済すれば金利影響は少なくなります。他の業者同様に保証人も担保も不要です。10万円借りても毎月返済額2300円ですが少なく借りて一括で返す事もできます。アルバイト・パートでも申し込み対応しています。

 

1万円を素早く借りて早くに返すのが最適

 

1万円が足りなくて生活に困ったりするよりも、消費者金融で借り入れをして上手に生活するほうがストレスが無く過ごせます。少額を借りるのには銀行よりも消費者金融が向いています。

銀行は高額(100万円~1000万円など)を借りて長期間かけて返すのに最適。金利が低めなのでそういう使い方には有利です。対して借入金が少なくて短期で返すには、審査が早くてすぐに貸してくれる消費者金融を活用したほうが、即効性は高いと言えます。

消費者金融では借りるときに在確をしないとか、郵送物を送らないという配慮が出来る会社が増えていますので確認してから利用すると満足度は高いでしょう。

 

 

他の方が読んでいる記事