消費者金融ってどういうものなの?

消費者金融は現金を貸す専門サービス全般

 

消費者+金融=消費者金融は、一般諸費者がお金を借りられる「お金を貸すのがメイン業務」の金融サービス全本を指します。サラリー金融(サラ金)と言われていた時期もありますが現在はこうした呼び名はせずに、消費者金融と言えば通じます。

消費者金融は現金を借して利子を徴収する事がビジネスモデルです。一方利用者は、借りる為に審査を受けて通過すれば決まった上限額までお金を借りる事が出来ます。

 

消費者金融の年利が改定後下がっている

消費者金融解説

 

お金を借りる時に金利に関しても契約上に記載されてきます。金利は年利どの割合で決まりますが消費者金融では貸し出した金額が50万円未満の場合15%~18%程度が多くなっています。

2010年施行の改正貸金業法で最高金利20%となった事で以前のような20%~30%近い金利では営業出来なくなった事で消費者金融の金利が下がり消費者には利用しやすく返しやすくなっています。

大手でも、そうでなくても金利はおおよそ18%以下になっていますが中には18%以上の金利を表示する金融会社もあります。(上限20%まで)どこを利用するかは利用者が決めますが金利だけでなく審査が通過しやすい、返済するのにATMが使える、銀行と提携しているなど各社特長があるので付加価値を比較して決められるようになってきています。

消費者金融の魅力は借りやすさにある

消費者金融ってなに

 

消費者金融は消費者の心理を理解して、借りる時に出来るだけ負担にならずにスムーズに借りられるように考慮した会社が多くあります。お金を借りても完済すれば何ら問題は無いものですが借りる時に不安になったり、周囲に分からないように借りたいといったニーズは少なからずあるでしょう。

郵便物を送らないと宣言する会社、審査が比較的甘い会社、振り込み対応で来店が不要な会社などお金を素早く安心して借りたいというニーズに合わせて様々な手法でサービスをしています。

 

  1. 審査が甘く通りやすい会社がある
  2. 融通性が高い・個人に合わせてくれる
  3. 返済相談・融資増額などもしてくれる
  4. 高額融資・事業性融資も出来る

 

銀行にはない融通性は消費者金融のほうが高い

消費者金融で借りる

 

消費者金融からお金を借りる時に感じる特徴として銀行では増額・追加融資に際しては審査や手続きに時間がかかったり手間が多い事があるのに対して消費者金融の場合融通が利くことが多い点が挙げられます。

電話問い合わせで返済相談をしたら返済相談を即断してくれたり、返済をしっかりしていると最初は少ない融資限度額でも早い段階で増額してくれたりする点は消費者金融がお金を貸す事に関しての専門なので貸し倒れリスクを十分知っている事で、返済能力の高い人の判断が早い事も関係しています。

お金を貸して大丈夫か、きちんと返済してくれるか、利子を継続して支払えるかが大事なので信頼が上がると融資額も大きくしてくれる傾向にあります。毎月決まった収入があって返済計画が正しければ使い勝手の良いのが消費者金融と言えそうです。

 

審査を甘くしている会社もあるので破産後も可能?

消費者金融で借りたい

 

審査を柔軟にしていますといった広告をしている消費者金融も多いですが、破産からすぐ、債務整理からすぐでも借りられるかというと一般的に破産や債務整理をして数日とか数週間では借り入れは難しいのは変わりません。

但し銀行やクレジットカードの審査だと5年以上の経過を要するのに対して消費者金融での審査では破産・債務整理から1年後以降で審査通過の実績はあります。これは破産や債務整理を問題が無いと判断しているというよりも審査を受ける個人の状況を審査して通過したものと考えられます。

個人によっては破産内容・債務整理内容が比較的軽微な内容で審査申し込み段階で定職について収入が安定していたり起業して高収益・納税を達成しているなど社会復帰をして実績が出ていると判断した時に5年を待たずに審査に通過する事があります。

 

事業者向け消費者金融は個人事業にも利用されます

消費者金融でお金を借りる

 

事業者向けの事業資金専門・個人消費者向けと同時に事業者向けの融資を展開する消費者金融も多くあります。事業者向けなので貸付可能な金額が数百万円、高いと数千万円まで対応している事もあります。

担保なし、保証人無しで対応する事もあるので、代表者が担保を持たずに保証人も立てられない時に一時的に資金がどうしても必要な時に利用するのに向いている借り入れです。

事業用資金は公庫・補助金・銀行借り入れ等が一般的ですがこれは融資額が大きい事と返済期間が長くなるので事業を営みながら事業利益から返済していくものなので、金利が安い事が求められます。保証会社が後ろについていて保証会社に多額の保証金を支払い、保証会社からの審査通過も求められる事が多いです。

急に今月資金が必要、今月の仕入れだけしないと困る、今月を乗り切れば来月に大きな売上金が入るというときに、銀行や公庫に融資を依頼しても簡単にすぐに借りられません。そうした急な状況の時の為に事業者は資金を備えるものですが、時に資金が足りない事もあります。

そういう時に基本的に短期目的で消費者金融の事業融資を活用する事でビジネスチャンスを上手に活かせる事に繋がります。消費者金融事業者ローンは審査が比較的優しい事も多いので、貸付上限は上下しますが多くの場合借り入れが出来ます。いざという時に助かったという事例も多いのです。

 

消費者金融は急ぎの「借りたい」を実現しやすい

お金を消費者金融で借りる

 

消費者金融の特長は借りやすくてプライバシーを保てる事。誰にでも即座に高額な借り入れが出来るわけではないですが、多くの場合審査は通過しやすく初めての利用でも短い審査時間で1万円~10万円の現金を借りる事が出来ます。返済実績がついてくる、収入状況が高い属性だと初回から50万円~100万円の借り入れが出来る事もあるなど、個人の状況に応じて柔軟性が高いのも消費者金融ならではです。

銀行などでは貸付の際に保証会社を立てたりして事故防止に独自の規定に沿って行いますが消費者金融も独自のノウハウ、蓄積した返済データから貸付額、総額を決めていきます。消費者金融は短期的・早急に現金借り入れが必要な時に一番早く借りられる可能性が高いジャンルです。

現在ではクレジットカードのカードローン、銀行系でもカード発行をしてのキャッシングローン、カード無発行での口座振り込みキャッシングローンなどの商品を展開していますが、消費者金融が元々はキャッシングローンの王道で、多くの業種が入り乱れているキャッシングローンの中にあって消費者金融は審査・対応で現在でもキャッシングローンの中心的存在です。

 

誰でも使える無担保+低金利+審査優しいフリーローンなら
利用者の事を考えてくれる「アロー」キャッシング
  1. フリーローン200万円まで借り入れ
  2. フリープラン年利15%から
  3. 最大180回払い15年以内対応
  4. 担保保証人が不要
  5. 最短45分で審査完了OK!
  6. 仮審査お試し3秒診断OK!
  7. 返済シミレーション可能
  8. 他社借り入れおまとめ対応

 

 

複数借り入れで苦しまないで低金利の1本化で楽に返済
返済を楽に有利にする乗り換え1本化U-Finance
  1. 年利7.3%からの低金利実施
  2. 最高融資額700万円まで可能
  3. 複数借り入れを1本化して楽々返済
  4. 複数借換総量規制「例外」基準実施
  5. 簡単審査・申し込みでスムーズ

 

 

事業資金で困ったら迷わず低金利+素早い融資実績
事業資金年利2.5%から5000万円まで対応ファンドワン
  1. 金利2.5%からと低金利融資
  2. 事業資金の融資実績数圧倒的
  3. すぐに必要な事業資金を融資
  4. 5000万円まで融資対応可能
  5. 無担保・担保あり両方対応
  6. 最高1億円大型資金も対応
  7. 融資相談幅広く気軽に可能

 

他の方が読んでいる記事