審査無しで借りられるところを教えて

個人を審査しないで貸してくれる優しい会社!?

 

借り入れで最も緊張する瞬間は申し込みをして審査を通過するまでの期間ですね。審査を通過すれば個人的な信用があるという事です。審査を受けるのに少し不安があるという方は多いものです。それはこれまで審査を受けた事が無い、過去に返済をしなかった事がある、返済を遅れてしまったなどで審査を受けたくない場合もあるでしょう。

審査無しでお金を貸してくれるという事は

違法貸付業者を使わない事

 

審査の目的は元々お金を貸した後で返してもらえるかを確認する為のものです。審査無しでお金を貸しますという会社・業者があったとしたら、お金を返すか返さないかはどうでも良いという意味でもあります。

ということは何か別の見方、別の考え方があってお金を貸そうとしている可能性が高いです。融資を受けると必ず通常は返済しなければなりません。正規の金融業者は以下に該当しなくてはなりません。

 

  • 貸金業登録をしている正規業者か
  • 金利はいくらなのか返済期日はいつか
  • 融資契約書はどうなっているのか
  • 登録住所はどこか事業所は実在するか

 

貸金業登録していない業者から借りると危険

正規金融会社で借りる

 

お金を貸す事を事業とする場合には必ず財務局貸金業登録が必要です。ここに登録出来ない業者は不正なので法令を無視した業者でもあるので利用するとトラブルの元になります。

金融庁から登録業者の検索が出来るので、聞いたことが無い業者、ホームページなどに登録表記が無い場合事前に自分で調べて確認するほうが良いです。

金融庁登録貸金業者情報検索サービス

 

金利確認・返済日確認は最重要

 

融資を受ける場合フリーローンだと法令により最大でも年利20%以下となっています。年率で20%以上で請求されたら違法性があります。10日で1割、20日で1割といった高利貸しは違法な貸し付けなので利用しないようにしましょう。返済計画を立てて返す必要があるので金利・返済日など細かく決まっているのが一般的です。

 

契約書を交わしているか・事業所確認

金融会社はしっかり選ぶ

 

契約書は来店した時には書面で発行されます。WEB完結の場合にはメールで送信・WEB上で確認できるので契約書を発行しない業者は危険です。

貸し借り契約内容が決まっていない事になるので後から法外な請求がある可能性もあります。事業所を持たない業者は法的に問題があるので利用しないようにしましょう。

違法性の高い融資業者は固定した事業所を持たず、貸金業登録をしていない事が多い(偽の登録済情報を提示する事もあります)ので怪しいと感じたら利用せず別の正規の事業者を使いましょう。

 

他の方が読んでいる記事