あちこちから借りていれば借り換えしたほうが得

1社ではなく2社以上でお金を借りてしまったら

 

借入をするのには、金融会社を使って行いますが1社だけを利用していると金利や返済に関して注意できますが、事情で複数社に借入をしていくと、借入会社によって金利が高かったり、低かったり、返済の計画も複雑になってしまうものです。

1社以上に借入をしていくと場合によっては計画を練り直したほうが結果的に返済までの間に無駄なお金を払わなくて済む事があります。ここでは1社以上の金融サービスを使った場合の対応について解説します。

 

複数でも低金利で同一なら問題は無い事もあります

金利について考える

 

例外として気にしなくてよい事もあります。金利が同じで1社の金額が大きく金利も安い場合です。1社に100万円以上借り入れていて年利が10%程度、2社目も同じ金利であればそのままでも良いでしょう。

もしも複数社から借りている場合、1社目は50万円で年利が20%、2社目は80万円で年利が15%、3社目は300万円で年利が9%といったバラバラの金利で、年利が高い借り入れが混じっているようなケースでは、年利を統一して低くしたほうがお得になる可能性が高いと考えられます。

 

支払額は借入先が多いと比例して高くなる可能性

 

年利が同じだと1社にする必要性は無いですが、多くの場合借入額にかかってくる金利は異なります。金額に応じて金利が変わるシステムの会社も多いので、複数で借りると金利差が出るのは仕方ありません。

仮に金利が全く同じであっても、返済の為の支払い先は複数になるので、支払いをするのに神経を使って忘れないようにしなくてはなりません。最低支払額があるので、複数に返済をしていくと毎月の支払額も高くなる事になります。

もしも金利が安くて返済先が1社だったら複数で高い金利を支払っていくより早くに完済できるかもしれません。複数社から違った金額、金利で返しているのであれば、借り換えをして低い金利で1社で借りたほうが楽に返せる可能性が高まります。

 

あちこちから借りると金利と返済で苦しくなってしまう

 

借入先A 借入先B 借入先C 借り換え先会社
借入額45万円 借入額160万円 借入額80万円 新借り換え285万円
年利18% 年利13% 年利14% 年利9.9%
返済先3社 返済先3社 返済先3社 返済先1社

 

1社で借りている間は金利や返済を注意しやすいですが、2社、3社になってくると毎月の返済の期日の差や、返済額の事に気を取られるようになってきます。こうなってくると中々返済が進まなくなってしまいます。

複数に借入をするのであれば、1社に借り換えをすると金額が大きくなることもあって金利もぐっと安くできます。金利が下がれば毎月の返済に対して借り入れている元本の減るのも早くなるでしょう。

同時に返済する窓口が1つになるので、返済日を気にしなくてもよくなって返済するのにも余裕が生まれてきます。これまでと同じ額の返済額でも良いですが金利が下がる分、もう少し返済額を減らせる事にも繋がるので毎月の生活に余裕が生まれる利点もあります。

 

どうせ借り換えるなら低金利の会社を使う

低金利の会社が大事

 

複数の借り入れがあると総額が100万円以上になる事が多いので、法令上も金利が15%までに決まっています。なので100万円以下の借り入れがいくつかあるなら、1社にまとめたほうが断然お得になるという事なのです。

 

複数の借り入れをまとめる時のコツ

 

2社以上で借りたお金を1社に借り換えるまとめローンは新規で別にお金を借りて借金を増やすものではありません。仮に複数の会社に借りているお金が500万円あるとして、その金額が総量規制を超えているとしても、新規借り入れではなく、おまとめローンは規制対象外になります。

複数の会社に借りているお金を1社にのみ借りる形に借り換えるローンなので、金利が低くなって毎月の支払額も少なくなって返済で苦しくなった生活を楽に改善する事が出来る事が多いので、複数に借りて返済に困るなら1社に借り換えたほうが利点があります。

大事なのは返せなくなってから行動してしまう事です。複数の借り入れをまとめて返済してくれて全額を貸してくれる仕組みになるので、もしも複数で借りて延滞したり、返済をしないままだと審査に通りにくくなります。複数に借りていて金利が高いと感じたり、返済が苦しいと感じる前に借り換えるのが成功するコツです。

 

借り換える会社を選ぶときに考えたい事

 

どこで借り換えて毎月の返済を楽にしたり、金利を下げるかを考える時には、全国対応の会社が使いやすいです。都内の店舗に来店して契約のみの限定とかだとエリア外だと、契約をするのも苦労します。

金利に関してもとても大事で、現時点で18%~20%の会社で借りているなら、借り換えの会社ではそれより安ければ安いほど、借り換える意味があります。高い金利のままで借り換えても効果は薄いという事になります。こうした条件を満たした借り入れローンを得意としている会社をいくつかピックアップします。

 

1社にまとめるデイリーキャッシング
デイリーキャッシングの解説

©デイリーキャッシング

複数で借りて返済が厳しいと感じた時に、1社で返済をしてもらい以後はデイリーキャッシングだけに返済する事が出来るのが、デイリーキャッシングの提供している、おまとめローンです。金利が8.5%からで最高でも14%台になっていること、最高で600万円まで貸し出ししているので、仮に他社で金利が14%以上の借り入れがあるなら、デイリーだけにまとめると、毎月に返済が楽になる可能性が高いです。複数の会社に毎月返済をしていくのは大変ですが、デイリー1社だけに返すだけで良くなります。ホームページからの申し込み、電話での申し込みで全国からいつでも対応しているので、誰にも知られずに審査を頼む事が出来ます。不明点もスタッフに聞いて解決できます。
1社にまとめ低金利に下げるUファイナンス
ユーファイナンスの解説をしています

©U-ファイナンス

ユーファイナンスの場合7.3%からの金利設定なのが特徴で、ホームページで事例として公開している金利でも複数の会社で借りた金額の総額が300万円で申し込んだ時に9%台の金利設定となる事例があります。条件によって変動しますが最高でも15%までになっているので、複数の借り入れの中に15%以上の借り入れがあれば、ユーファイナンスに借り換えると、毎月の返済が楽になって、完済までを早める可能性が高まります。ホームページには数分で完了する簡単申込フォームがあるので気になる方は気軽に相談してみましょう。

 

金利差が大きい理由はなぜ?高金利だと完済できない?

金利差がある理由とは

 

色んな会社からお金を借りる時にしっかり金利について細かくリサーチしてから借りる事は大事な事ですが、実際の所は借りる時に金利だけを気にしても現実にお金をスムーズに借りられない問題もありますよね。

というのも借りる時の審査に問題があって、日本で一番金利の安い金融会社にだれでも簡単に審査に通るかというと、ハードルが高いものです。金利が安くて審査が簡単で、スタッフも凄く親切という都合の良い金融会社ばかりではないのが現実です。

 

借りられるところから借りるしかない現実も

 

金利重視にしたくても審査が通りやすい会社を選ぶ、金利は高くても即日融資で簡単に申し込める会社を選ぶというのが、2社名以降の複数借入経験者の特徴です。どうしても2社以上で借り入れをすれば、多くの金融会社では審査に慎重になってきます。

既に借り入れている会社の情報は審査の段階で細かく把握できるので、高金利の会社に高い金額を借りていると毎月の返済も大変ではないかと考えられます。そうしてさらに条件の悪い金融会社から借りていく事が増える傾向にあるのです。

こうした悪循環を繰り返して2社、3社、4社と借りてしまえば総量規制(年収の3分の1位内)まで満額借りてしまい、気が付くと高い金利に苦しんでしまう結果にりがちです。

こうなった場合、自己破産や返済不能に至る可能性が高まるので、早い段階で安い金利で融資をする会社で全ての借入金を1社にまとめる事で、返済を円滑に行う事ができます。複数の会社に借りてしまった後に返済が遅れたりする前に対応をしておく事が大事です。問題なく返済できているなら良いですが、返済は長期化する事が多いので、もしも収入が減ったりすればすぐに返済できなくなるようなギリギリの状態は避けておく事が大事です。

 

 

他の方が読んでいる記事