自己破産後借り入れ【破産・債務整理5年以内】

自己破産後に借り入れがしたい・借り入れ出来るか

 

先に結論から言うと自己破産後に借り入れが出来る金融業者はあります。(貸金業登録済の正規業者で)どういう状況なら借りられるか、どういう業者なら借りられて、どういう業者なら借りられないのかについて解説していきます。急ぎの方は3大借り入れ会社を最下部に掲載するのでスクロールして下さい。

 

そもそもどうして自己破産後は借りにくい?

破産後に借りたい

 

自己破産に至る理由はいくつかありますが最終的に借入金を返せなくなって裁判所の決定で確定します。個人の借り入れの返済不能、連帯保証人となった法人負債などの支払いができなかったなど借り入れを免責するものです。

こうした理由から自己破産をすると官報への掲載と、信用情報機関への掲載が行われます。

そのため信用という面では一時的にかなり低い状態になっていると判断されます。その期間は信用情報機関の登録年数では5年。長いものでは10年の間、自己破産をした記録が開示されます。

 

CICCが5年、JICCが5年、KSCが10年の間、自己破産記録を保持して情報開示します。

 

自己破産後に借り入れを考える時の注意点

自己破産でも借りれる

 

自己破産は過去の借り入れを免責にしている(未返済)ので新規でクレジットカードを発行したり、目的ローンを組んだり、キャッシュを貸し付ける会社からすると、貸付するリスクがあります。

一度自己破産をしているので、返済できないのではないか、延滞しないかを気にするからです。

過去に延滞をしてでも返済をした記録がある人よりも自己破産をした人のほうが危険だと判断します。それはデータ上で審査しなければいけないので人間性とかは考慮しないためです。

 

  1. 自己破産後はできれば借り入れをしない生活をする
  2. 自己破産1年以上経過してから考える
  3. 破産時に免責対象となった会社は避ける

 

自己破産5年を超えない時期に借りる方法

自己破産や債務整理でも借りれる会社

 

自己破産をして生活を立て直して、社会復帰をして高収入を得たり毎月安定した給与をもらっている人が多くいます。5年という数字は完全に社会復帰をするのに必要な時間と言われます。

しかし実際には1年以上あれば社会復帰はできるし生活もきちんとすれば安定させる事ができます。

借金は破産でゼロになったので生活費を稼いでいれば問題なく生活できるはずです。過去に自己破産経験もあるので借り入れをしないで人生を生きるのが理想です。

しかし何らかの理由で借り入れをしないといけない事は起こるかもしれません。大病を患ったり、事故をしたり理由は様々です。

 

絶対に気を付ける事は闇金融から借り入れをすること

 

自己破産をすると5年の間はどこも貸してくれないと思って貸金業未登録の闇金融に借りる事だけは避けないといけません。これは国も関連機関も弁護士でも発信しています。

闇金融は未登録で金利も自由にやっていて審査もほとんどせずに貸し付けます。借りたら返すのが困難で返済がもしも遅れたら知人や親まで連絡をするなど法を守っている登録業者とは全く違います。

 

正規登録業者で破産後5年以内に借りられる事があります

自己破産をしても借りられる会社

 

破産後信用情報に破産した情報が記載されていると多くの金融業者は貸付をしません。特に銀行、信用金庫、信販会社、クレジットカード会社は審査に落とすことがほとんどです。

破産後5年以内に審査を通過する可能性があるのは消費者金融です。大手の消費者金融では審査落ちをする事がほとんどなので、中小の消費者金融を試します。

 

借りられる可能性がある申込者の状況とは

 

破産後5年以内だと審査は慎重になります。どういう状況の人が破産後5年以内に審査を通過しているかを多くの情報を調べてまとめました。

 

  • 1)破産決定後1年以上経過している
  • 2)現在毎月安定した収入が月に10万円以上ある
  • 3)安定した収入を1年以上途切れずに得ている
  • 4)過去1年以上の収入受け取り記録がある
  • 5)破産決定後どこにも審査申込をしていない

 

この5つの条件をクリアしていると「破産後・債務整理後」でも審査通過する会社が複数確認しています。申し込みをする会社を選ぶポイントは以下にまとめます。

 

中小の消費者金融で自己破産を大きなネックにしない会社

破産でも借りれる

 

前記の2・3・4が揃っていたら自己破産がなかったら大手消費者金融でも場合によっては銀行でも審査通過する事がある優良な状態なので、ネックは自己破産経験している点だけです。

大手消費者金融、銀行は自己破産者に対して厳しい傾向なので大手・銀行を避ける事は前提になります。

対して大手と顧客を奪い合っている中小の消費者金融は自己破産によって借り入れが0円、借入先が0件という点を評価する会社もあります。

 

  1. 今現在の収入が毎月しっかりある
  2. 自己破産を「確定」させて完了している
  3. 数ヶ月以上同じ仕事をしている
  4. 他に借り入れが全くない
  5. 毎月に他に返済する必要が無い

 

自己破産部分を気にしなければ融資をしても問題ない条件が揃っています。なのでこれから申し込む会社の過去実績(自分より前に申し込んで借りた人がいるかどうか)と審査を独自に行うなどの記載がある会社を選びます。

しっかりした会社でなおかつ借り入れが必要な申込者の「今」状況を審査してくれる消費者金融を次に紹介します。自己破産を確定していて免責後である事が必要です。

自己破産の申請中は新規借り入れを申し込む事は禁じられているので、できません。当然申請中の間は審査は通りませんので注意してください。

自己破産の免責対象の中に入っている会社も審査通過しない事が大半です。過去に借りていて返していない会社の場合には社内ブラックとなっている可能性があるので審査落ちの可能性が高まります。

 

知っておいてほしいこと
自己破産でも誰でも借りられるという会社はありません。金融会社は正規登録している法令を守る消費者金融なので、リスクを取ったりしないし、利用者がまた自己破産しないかどうか気にしています。なので独自審査といっても、自己破産を完了してから現在までのあいだに、安定した仕事をして安定した収入があるかどうかを審査されるので、審査落ちする可能性もあります。審査は各社基準が微妙に違うので、試してみると良いです。

 

現状況で審査通過実績のある会社①

 

 ↓セントラルで審査通過チャレンジ↓ /

実績多数消費者金融セントラル
全国対応人気のクレジットセントラル
セントラルは全国に自動契約機のある消費者金融で、セブン銀行ATMに対応している大手に引けを取らない会社ですが、自己破産をしても確定していて生活が安定して、収入もしっかりある人なら正社員でもアルバイトでも「今」をちゃんと評価してくれる会社の一つ。困ったら心強い味方となる可能性があります。即審査対応です。

現状況で審査通過実績のある会社②

 

 ↓いつもキャッシングで審査通過チャレンジ↓ /

「いつも」即日借り入れ可能
今を審査してくれる会社
消費者金融「いつも」は即日審査と即日振込対応している消費者金融ですが、自己破産経験があっても今現在、仕事をしていて収入がある場合には、今現在を審査してくれるので他社で借り入れができなくても相談する価値が十分ある会社です。経営もしっかりしているので借りた後も安心感。少額融資で多くの実績を誇ります。

現状況で審査通過実績のある会社③

 

 ↓ハローハッピーで審査通過チャレンジ↓ 

自己破産後対応ハローハッピー
今現在を審査してくれる優良会社
自己破産・整理の処理が終わっていれば現在の収入と状況を見て審査してくれるのがハローハッピー。Q&Aページで明記しているので審査に自己破産経験は関係なく、申込者の現在の収入などの内容を見て融資をしてくれます。消費者金融としての実績も長く支持されている会社です。審査に困ったらハローハッピーで審査から。

 

 

他の方が読んでいる記事