借金の減額方法を知りたい【借金を減らして返済を楽に】

借り入れが多くて困った時にどうすれば良い?

 

借り入れが増えて返済に困ったら生活をするのに精神的にも疲れますよね。

そこでもしも返済をするのに無理がある、返済をする計画が狂ってしまって正常な状態に戻したいと考える時にどうすれば良いかを解説します。

借金を減額したり整理したり、上手に払いやすくする方法はあるので自分に合った方法を見つけましょう。

減額・支払いを楽にする方法はどういうのがある?

減額する

 

毎月の支払いが苦しいという時には毎月の支払いを下げれば問題を解決出来ます。

そもそも全く支払いが出来ない状況なら借り入れしているお金を減額する方法を取るか、債務整理をするかが選択として考えられますが、それぞれのメリットとデメリットを説明します。

①借り換え専用を活用して楽に返済をしていく

乗り換えをして楽になる

 

毎月の支払額を減らすように安い金利に乗り換えて返済をしていく方法です。

これだとこれまでの借り入れしている会社に迷惑もかからず、信用情報にも傷がつかないので毎月の返済だけを見直す事が出来ます。

 

 

  1. メリット:現在借りている会社に完済する事ができる
  2. メリット:毎月の支払額を下げる事ができる
  3. メリット:無駄な複数の高い金利を払わなくて良い
  4. メリット:信用情報に傷が付くことが無い
  5. デメリット:借り換えをする審査がある

 

いくつかの借り入れがあると毎月の返済の金額が高くて返済日が会社によって違うので困りますね。そういう時は金利が安い会社での借り換えをすると返済がグッと楽になる事が多いです。1社で借りなおして他社の分を全て返済してもらうメリットは、これまで借りていて返済しにくいと感じる問題を解決出来る事、借りていた会社に迷惑をかけない事、毎月の返済が1本になるので金利が下がって返済も楽になる事です。デメリットはほとんど無いですが、借り換えの会社の審査がある事くらいです。審査に通るか事前審査をすることができます。

借り換えをするのに実績の高い会社を厳選
ユーファイナンス
借り換えローン「U-Finance」
金利7.3%~最高でも15%で返済期間10年(1回~120回)で借り換えをする事が出来て最高700万円まで対応のユーファイナンスで複数の借り入れ(貸金業者借り入れ)をユーファイナンスにまとめると毎月の支払い、総額を少なくする事で負担を軽減出来ます。毎月1回1社のみの支払になると、支払いが苦しいと感じていた借り入れも返済まで楽に計画的にする事ができます。
デイリーキャッシング
借り換えローン「デイリーキャッシング」
金利8.5%~最高14.5%で最長10年返済出来ます。現存の借り入れをデイリーのみにまとめて、毎月の支払額、金利を下げて完済までを楽にする事ができます。600万円までの借入枠を用意しているので現在複数の借り入れがあるものを1社に出来ます。

②銀行でおまとめローンを使って返済計画をする

銀行乗り換えローン

 

借り換えは銀行を活用する方法もあります。

銀行を使う場合には審査に関して銀行法など独自の審査が入る事、保証会社が入る事があるなど貸金業者の融資に比較すると審査が厳しい傾向にあるので以下の点を理解しておくと良いでしょう。

  1. 複数の消費者金融の借り入れがある場合
  2. 過去に返済事故・延滞がある場合
  3. 現在の仕事が安定していない場合
  4. 保証会社の承認が下りない場合
  5. 銀行独自の審査基準に受からない場合

 

借り入れがいくつかあって困ったら銀行の提供しているサービスを活用する事も出来ます。銀行でのおまとめは審査に関して大口融資扱いになるので厳しめの審査基準になる事が多いので、支払い履歴、借り入れている会社、金額、信用情報の参照、ヒアリングなど審査落ちになる可能性も考慮していくほうが良いでしょう。審査に受かると金利面で優遇される事が多いです。おまとめ専用の貸金業の業者と比べて支払い・審査がシビアなのでしっかりした収入と、毎月間違いなくきちんと規定額を返済出来る体制があったほうが良いです。

 

上記に該当する場合銀行での審査に受からない可能性もあるため気になる場合には事前審査などを行うと良いでしょう。

審査申し込みをすると信用情報に情報が書き込まれるので複数の申し込みを同時にしないほうが良い傾向にあります。

銀行が提供している1本化まとめローン抜粋

 

貸金業(大手消費者金融など)に比較して審査・規約などが厳しめなので審査はある程度しっかりした信用情報・借り入れ履歴・返済実績・収入などが求められる事がありますが、銀行の大口ローンは審査が通れば金利面で優遇される事が多いので減額効果がかなり期待出来ます。

③借入先・専門家に相談して返済について解決する

借り入れ返済の相談

 

おまとめ出来る貸金業者・おまとめ銀行ローンなどで審査落ちしたり返済自体が収入の減少で困っている状況の場合、まずは先に困窮者専用の貸付や給付金を探してみるのも良いです。住んでいる地区の県ホームページなどで困窮者支援で探してみましょう。

それでも該当するものが無い場合には、一時的に払えない場合借入先に相談をしましょう。

借入先に連絡をしてみると毎月の返済日を変更してくれる、返済金額を減額してくれる対応をする業者が多いので自分で答えを出してしまう前に相談して、報告する事が大事です。

相談しても返済目途がどうしてもつかないときは専門家に相談する事が最終的な解決方法になります。専門家に相談しないまま返済を放置して逃げてしまうなどは状況を悪化させます。返せないと確定した時には返せない事を専門家に相談して借金問題を解決しましょう。

司法書士法人アストレックス
借金問題相談アストレックス
フリーダイヤル設置で日曜でも対応している借金に困った時に心強い味方となってくれる司法書士事務所。守秘義務を宣言して相談した方の情報を一切漏らしません。依頼料金も良心的でいつでも相談可能です。
司法書士エストリーガルオフィス
借金問題相談エストリーガルオフィス
全国対応の借金問題に強い司法書士事務所。借金圧縮にも対応しているので返したいけれど借り入れが大きく苦しいといった悩みも相談出来ます。

返済がどうしても生き詰まって出来なくなった時の最終的な方法として専門家である司法書士や弁護士に相談するのが先です。借金を圧縮したり、整理したりも選択肢として残っています。本当に返せなくなった時には、借りている業者さんも、逃げたり、連絡をしないままだと困ります。どういう状況かをしっかり相談して解決をしないといつまでもストレスは消えません。デメリットとして新しく借り入れが出来ない、5年程度はカードが使えないなどが出る事がありますが、現時点で返済が出来ないと確定した場合には最適な対応をする事は大事です。

 

専門家に相談した具体的な解決法の例は?

 

  1. 支払先との相談によって支払い額の減額など
  2. 個人再生をして借金を大幅圧縮
  3. 自己破産をして裁判所に申請
  4. 任意整理をして借金を減額

 

①借り入れをしている会社と交渉をして毎月の支払額を少なくする話し合いをするものが該当します。

返済する収入はあるけれど、今月だけ、数か月だけ資金が無いとか足りない時などに行います。②個人再生は住宅ローンを残す事が出来るので居住家を残せます。

借金を圧縮した後は無利子で3年分割が出来ます(再延長5年まで)③自己破産は資料を収集して弁護士介入等を活用しながら裁判所で承認されれば借り入れが全て無くなりますが資産凍結や没収・申請期間中の制限等があります④任意整理は過去の過剰金利の清算等をして減額金額を3年程度で返済する方法です。

 

他の方が読んでいる記事