融資審査落ちしやすい人・受かりやすい人の差

融資審査落ちするのは何が原因なの?

 

カードローン・クレジットカード・カーローンなど融資を受ける時に審査を受けないといけませんが、審査落ちしやすい、審査落ちしにくい差はどこにあるのかについて解説します。審査方法は基本的な流れは多くの融資会社で共通している部分と、共通していない部分があるのでその点も触れます。

 

事故要素で審査落ちするケースは全社共通

審査落ちしやすい人

 

審査落ちをする場合で一番多いのが「事故」です。事故とは他社での返済問題、同社での返済問題がある場合、債務整理経験、自己破産経験によるものですが、特に申し込みをした会社で過去に同じサービス、別のサービスを利用して支払いが遅れた事があれば社内データに残しているので審査落ち要素になります。

次に他社での事故ですが同じ系列、提携している会社での返済の遅れ等も情報共有されるので審査落ちの要素となります。初めて使う場合でも債務整理・自己破産経験があると信用情報に記載されているので審査に影響します。一般的に5年で解除されるとされていますが前後します。

 

事故情報が無い状態が「通常の状態」

審査落ちしやすい人はどういうことか

 

同社での返済事故・他社での返済事故・自己破産・債務整理が無い状態が通常の状態と考えます。なのでこうした経験があるとマイナススタートになります。この度合いも審査される為、過去に問題があっても現在の状況がプラスであれば審査に通過する事例もゼロではありません。

自己破産・債務整理後5年丁度で審査通過になる事もあればならない事もあります。現在の収入が非常に大きく社会的信頼も大きい職業になっていると2年~4年程度で多くの審査に通過するケースもあります。逆に5年丁度ではデータがクリアになるだけなので、情報ゼロ=ホワイトすぎて履歴が無い事から審査落ちする事もあります。

 

審査落ち要素「収入・職歴・居住年数」

審査に合格する人

 

特に銀行系での審査で審査落ちになる可能性が高いのが収入そのものの低さです。アルバイト・パートで生活に問題ないレベルの収入であっても一般的に年収100万円台~200万円台だと審査は不利になります。職歴も同じで公務員よりアルバイトは審査が厳しくなります。

10年持ち家に住んでいるよりも半年しか住んでいないアパートだと審査に不利です。特に銀行系の審査では「安定した一定以上の収入がずっとある」事が有利です。

 

選ぶ業者によって審査基準が幅広い

審査を上手に通過する

 

申し込みをしている融資会社によって落ちやすい事もあります。目安として金利が安い業者は審査が厳しい傾向、金利が高めの場合審査も緩い傾向にあります。フリーローンで金利最高15%以下と、最高20%以下だと最高20%以下の業者のほうが審査が緩い傾向があります。

金利が安い業者には銀行系が多いので銀行系ばかりを申し込んで連続で審査落ちとなっても、銀行系ではない金利18%前後の会社に申し込むと審査合格という事もあります。

個人属性・信用情報評価が高い場合は銀行系のフリーローンを、不安な場合には消費者金融系を申し込むと審査不安を解決しやすいです。

 

審査落ちしやすい会社・審査落ちしにくい会社とは

審査を落ちない為に

 

金融会社によって審査落ちしやすいかというと難しい問題で、一定の信用があると審査が厳しいとされる業者も優しいと言われる業者も両方受かる事も多いものです。

以前は銀行の審査が厳しく、消費者金融が甘いとされた認識があった時代もありましたが現在では積極的に銀行がカードローンやフリーローンに進出したことで厳しい審査をしていると顧客が増えません。

なので審査も以前と比較すると緩くなった印象があります。当然一定基準はあるので「甘すぎる」ほど甘い事は無いですが、一定の収入があって信用情報に問題が無いと審査に受かる事が多いです。

銀行系が進出した事で以前からフリーローンを主体に扱っていた業者が対抗しなければならないので審査・金利に関して銀行に対抗する流れが出ています。

 

  • 過去にローンやスマホ分割等を利用経験がある
  • 支払いの延滞などの事故が全く無い
  • 年齢が20代~60歳以内である
  • 定職について継続した収入が確実にある

 

こうした個人属性があれば多くの金融会社で問題無く審査通過する事が多くなっています。なので逆に過去に支払い延滞等をしている、年齢が20歳以下・70代以上、無職、収入が安定していない職種といった内容だと審査に慎重になる事が予想されます。

 

自分に合った業者を適切に選んで審査通過

自分に合った業者を使って審査通過

 

融資審査は個人情報参照機関は銀行と貸金業(消費者金融など)では異なる事が多く、銀行は銀行法を軸にして審査参考にするので審査基準に差はありますが、過去の金融事故が無く定職について一定年齢内、一定年収があれば多くの金融審査は難しいと言えません。

 

  1. 金融事故が過去に無い事
  2. 年収が200万円以上継続してある
  3. 勤続年数が3年以上ある
  4. 同じ場所に長く住んでいる
  5. 他社に多く借り入れが無い

 

こうした一定の基準があるかどうかが審査落ちするかしないかの一つの基準です。どれか問題があれば審査の厳しい所に申し込むと審査落ちの確率が上がります。

審査の厳しさは事業者が変わるとかなり変化する事があるので、審査に落ちたからといっても他社で審査すると通過する事もあります。

特に審査に関して不安がある場合は審査が甘い業者を選ぶ方法もあります。審査が甘い事業者は「柔軟な審査」といった事を書いてある事が多く独自の審査で、仮に少しの問題点があっても他の部分でカバーできれば審査を通過させる事が多いのが特徴です。

 

誰でも使える無担保+低金利+審査優しいフリーローンなら
利用者の事を考えてくれる「アロー」キャッシング
  1. フリーローン200万円まで借り入れ
  2. フリープラン年利15%から
  3. 最大180回払い15年以内対応
  4. 担保保証人が不要
  5. 最短45分で審査完了OK!
  6. 仮審査お試し3秒診断OK!
  7. 返済シミレーション可能
  8. 他社借り入れおまとめ対応

 

 

複数借り入れで苦しまないで低金利の1本化で楽に返済
返済を楽に有利にする乗り換え1本化U-Finance
  1. 年利7.3%からの低金利実施
  2. 最高融資額700万円まで可能
  3. 複数借り入れを1本化して楽々返済
  4. 複数借換総量規制「例外」基準実施
  5. 簡単審査・申し込みでスムーズ

 

 

事業資金で困ったら迷わず低金利+素早い融資実績
事業資金年利2.5%から5000万円まで対応ファンドワン
  1. 金利2.5%からと低金利融資
  2. 事業資金の融資実績数圧倒的
  3. すぐに必要な事業資金を融資
  4. 5000万円まで融資対応可能
  5. 無担保・担保あり両方対応
  6. 最高1億円大型資金も対応
  7. 融資相談幅広く気軽に可能

 

他の方が読んでいる記事