友人・知人からお金を借りる事は避けるべき理由

個人間の融資は信用関係が揺れ動く事が多い

 

過去に友人・知人からお金を貸してと頼まれた・貸してと頼んだ経験がある人はいるかもしれません。お金を借りるには相当のハードルがあるはずです。

一般的にお金を借りる必要がある時は金融機関を利用すれば良いので自分と関わりのある知人や友人にお金を借りようとするのには理由があるはずです。友人・知人からお金を貸して欲しいと言われた経験がある人たちはどうしてそうなったのかについて次のように語っています。

 

お金を貸した時の理由・状況

個人間融資

 

  • 日頃からあちこちで借りている人だった
  • 自分が大人しい性格と知っていたから
  • 貸したくなかったけど怖くて断れなかった
  • お金があるのを知られ断り切れず
  • バイトをしてお金を持っていると知られた
  • 以前に貸してしまった事があったから
  • 家賃が払えなくて急に必要と言われた
  • 彼女・彼氏に自分から貸した

 

大人しい性格と思われていて頼めば貸してくれると思われていた、付き合っている相手に貸した、他の人にも借りている人が自分にも借りに来たといった様々な状況でお金を貸しています。

 

お金を借りた人のその時の状況

個人間融資は注意

 

お金を貸してしまう人達は優しさから、中には断れずに嫌な思いを抱えている人までいるようです。SNS上でも個人間でのお金の貸し借りでのコメントが凄く多いので身近な問題だと言えそうです。お金を借りようと知人や友人に頼む人達の特長はどういうものでしょうか

 

  • 定職についておらずいつもお金に困っている
  • ギャンブル依存・薬物依存など問題がある
  • 友人知人多くに借りて回っている
  • 親類・兄弟に至るまで借りている
  • 数千円でも遠方まで借りに行くほど
  • 頻繁に仕事を辞めてお金にいつも困る
  • 信用が無い・金融機関ブラック

 

知人友人にお金を借りるという事はかなり金銭的に困っている事は想像できますが、その背景にギャンブル依存・離婚や離縁による生活トラブルの他、既に金融会社でのブラック認定などが背景にある事も多いようです。

多く聞かれたのが自分だけでなく他の友人や知人にも既に借金を申し込んでいて断られた、借りられたを繰り返して結局返済していない借主も多くいるようです。

 

友人・知人に借りる事を繰り返すと信用を無くす

個人間融資をするには

 

友人知人にお金を借りるとそれぞれに繋がりのある知人に借金を申し込まれた事が噂になっているという事が多くなっていて、要注意人物として知られているという事が聞かれます。

1人にどうしても必要な時だけ借りてすぐに約束通り返済をしたといったケースではこうした事は少ないだろうと思われますが幾度となく多くの人にお金の借り入れを頼むといつまでも信頼は回復しません。

多くのお金を貸した経験がある人達はお金を貸した事実をいつまでも忘れない傾向にあります。自分にお金を借りに来たという記憶は中々消えないと思ったほうが良いでしょう。

対して誰にでもお金を借りてしまうタイプの人は借りた事を忘れたり、完済しても感謝を忘れる人も多い傾向に見えます。友人知人にお金を借りる事は他に方法が無くどうしても一時的に必要となった時だけ、それか友人知人が進んで貸してくれると申し出た時だけにしておくのが良いでしょう。

 

友人知人にお金を借りて信頼を更に上げた人も

個人間融資をする時の注意

 

事業者として長年地元で活躍していた代表者が資金繰りに行き詰まり経営を諦めようとした時に知人が申し出た融資の話。当初は迷惑がかかるし返せないかもしれないという事で断ったそうです。

しかしそれまでの信用と人望から複数の経営仲間、知人からの融資の申し出を受け入れる事にしました。勿論借り入れの為に契約書を交わして利子、返済日まで記載して交わしました。

しかし知人たちは返済は30年までいつでも構わないという事を申し出て返済期間はすぐではありませんでした。この事業者はわずか半年で窮地を脱し、全ての借入金を1年以内に返済したといいます。

 

個人間でのお金の貸し借りは契約書が必須

個人間のお金の貸し借り

 

個人間のお金の貸し借りは違法ではないですが、SNSなどで問題となっている「複数に向けた個人融資」は金融会社が登録している貸金業登録をしなければなりません。ほぼこうした個人間融資の誘いをしている貸主は登録していないので違法性があります。

SNSなどで見かけたお金を貸しますといった類は利用してはダメです。対して友人知人の間でお金を貸す場合には一般的な貸し付けになりますが口約束で貸してしまう事が多い事でしょう。

多くの場合貸すときに契約書を交わしていません。中でも親類・友人の場合契約書がなくても互いに納得すれば返してくれるし返そうと思うものです。特に借りたほうは苦しんでいるので貸してくれると分かった時には心から感謝をします。これ以上の友人は無いと思うものです。

しかし時間が経過してお金に困っている状況が変わらないとしたら返済する事が出来なくなります。そうなるとお金を貸してくれた時の感謝を忘れて貸主を避けたり、逃げる人もいます。口約束だとこうした時に強く追及しにくいので貸す金額が大きい時、どうしても返してもらおうと考える時には契約書を交わす事が大事です。

 

  • 貸した日(契約発効日)
  • お金を貸す人名・住所・印
  • お金を借りる人名・住所・印
  • 貸す金額
  • 年間の利息(最高109.5%)
  • 返済方法(月の支払い・完済詳細)
  • 最終返済期日

 

金額に応じて印紙の貼り付けが必要です。個人間融資の返済時効が10年となっていますが途中で返済があったり、返済意思があると時効中断されるなど法的に細かく決まっているのでどの場合も貸し借りの証拠となる契約書が大事になります。口約束でも返済義務は当然ありますが法的に縛る為に契約書が必要です。

金利に関して個人間融資の場合金利幅が広く許されていて最大100%を超える金利なので100万円貸して返済無しのまま放置すれば1年後には2倍の200万円に膨れ上がります。現在消費者金融でも法改正後年利20%以下になっているので、個人間でもここを参考にしたほうが良いでしょう。

 

個人間融資(お金の貸し借り)はトラブルが多い

お金を個人間で借りるのは注意すべき

 

仮に契約書を交わした貸し借りでも「返ってこない」くらいに考えられる余裕が無いと人間関係にヒビが入りやすいのが知人友人との貸し借りです。お金を貸した側は返すように催促するのが難しい、借りた側は完済になるまで負い目を感じやすいものです。この関係が貸した瞬間から始まります。

度合いの違いはあっても双方が何も感じないで関係を過ごすほうが難しいと言われています。最も良いのは友人や知人に融資の申し込みをしない事です。もし当事者になってしまったら借りた側は契約通りに返す、仮に返済が厳しいとなったらそれを借りた相手に誠心誠意打ち明けてどうやって返すかを説明すべきです。

 

個人間でお金を返してもらえないなら弁護士に

弁護士を介してお金を返してもらう

 

貸した側は返してもらえないという事が確定的となったら弁護士を介して返済までを任せたほうが無難です。直接貸した相手に返済を迫れば、態度を変える事もあるし何よりトラブルに発展すれば誠意で貸したのに損です。融資トラブルに詳しい弁護士も多いので法テラス等を活用して弁護士経由で動く事が安全です。

金額が非常に少ない、契約書は無いというケースでは返済がされないままとなる事が多く友人知人関係も破綻したという事例が非常に多いです。個人間融資は十分注意して行うほうが良いですね。

 

誰でも使える無担保+低金利+審査優しいフリーローンなら
利用者の事を考えてくれる「アロー」キャッシング
  1. フリーローン200万円まで借り入れ
  2. フリープラン年利15%から
  3. 最大180回払い15年以内対応
  4. 担保保証人が不要
  5. 最短45分で審査完了OK!
  6. 仮審査お試し3秒診断OK!
  7. 返済シミレーション可能
  8. 他社借り入れおまとめ対応

 

 

複数借り入れで苦しまないで低金利の1本化で楽に返済
返済を楽に有利にする乗り換え1本化U-Finance
  1. 年利7.3%からの低金利実施
  2. 最高融資額700万円まで可能
  3. 複数借り入れを1本化して楽々返済
  4. 複数借換総量規制「例外」基準実施
  5. 簡単審査・申し込みでスムーズ

 

 

事業資金で困ったら迷わず低金利+素早い融資実績
事業資金年利2.5%から5000万円まで対応ファンドワン
  1. 金利2.5%からと低金利融資
  2. 事業資金の融資実績数圧倒的
  3. すぐに必要な事業資金を融資
  4. 5000万円まで融資対応可能
  5. 無担保・担保あり両方対応
  6. 最高1億円大型資金も対応
  7. 融資相談幅広く気軽に可能

 

他の方が読んでいる記事