審査が無いクレジットカード・ETCカードを教えて!

審査無しでクレジットカード・ETCカードが欲しい

 

クレジットカード・ETCカードが必要だと感じる場面がありますよね?そんな時に申込をしてすぐに発行されたら便利ですが、審査が不安で困ったと感じるなら審査の無いクレジットカード・ETCカードがあったら嬉しいですよね。

そこでこの記事では、審査が不安でも申し込める仕組みのクレジットカード、クレジットカードが無くても審査が無いETCカード、デビットカードと明記されていないカードなどを紹介するので活用してください。

 

クレジットカード・ETCを無審査で発行できる?

 

クレジットカードはプロパー(クレジット会社が独自に発行するカード)でも提携カード(家電店などが自社ブランドでカード会社と提携したもの)でも、発行時に審査が行われます。

クレジットカードを発行するとカードを使って先に買い物ができたり、キャッシング機能が付くものもありますが「先に商品を購入出来る」事から信用があるかの審査をします。

なのでほぼ全てのクレジットカードは発行前に審査が行われてからカードを発行するかを決められます。カード発行審査に落ちてしまうとカード発行されません。

 

無審査でカードを手にする方法は?

クレジットカード解説

 

残念ながら無審査のクレジットカードはありません。しかし!クレジットカードと変わらない内容で審査が無くて使える特別なクレジットカードがあります。

審査が通常のクレジットカードと違うので、クレジットカード審査に落ちてしまっても、審査に不安があってもカード発行可能性が高まるカードです。

ここで知ってほしいのがクレジットカードとデビットカードの違いです。

デビットカードはクレジットカードと似ていますが、クレジットカードは支払いが翌月以降の引き落としでデビットカードは口座にあるお金を即引き落としする仕組みです。

 

デビットカードで決済できないお店がある問題

 

デビットカードはクレジットカードのかわりとして普及していますが、お店によって決済エラーになる事があります。毎月継続して課金するコンテンツを決済しようとすると多いですが、これはデビットカードだと口座にお金が無いと決済エラーになる事から、サービス提供者がデビットカードを拒否している場合です。

デビットカードで使えるお店はかなり増えているので問題ない事が多いですが100%クレジットカードと同じように使えないのでクレジットカードと、デビットカードと両方持っておくと安心です。

それとデビットカードはカードの表面に「デビットカード」と明記されているカードが大半なので見た目を気にする方には困りますよね。こうした方にはデビットカードと表記されていない貴重なカードもあるので後の項目で解説します。

 

ネクサスデジポットカード【クレジットカード】

ネクサスカード

©ネクサスカード

 

クレジットカードと同じ機能・扱いを受けられるネクサスデジポットは審査が不安でも独自の方式で発券しているので、審査落ちを気にしないで申し込むクレジットカードとして人気です。

発行時に保証金を預ける(カード解約時返される)だけで他はクレジットカードと変わりません。

 

  1. 保証金を預けてカードを発行してもらうカード
  2. 保証金は解約時に返ってくる
  3. 純粋な本物のクレジットカード
  4. 一般クレジットカード同様にポイントも貯まる
  5. 限度額が最大200万円まで設定できる

 

審査の心配無用のNexusデポジット
クレジットカードが持てる!
デポジットクレジットカードで審査安心。初めての1枚として、ポイント集めも楽しいネクサスクレジットカード。

どうしてデポジットは有名カードなのに持てる?

ネクサスカード

©ネクサスカード

 

ネクサスクレジットカードを例にすると、ネクサスクレジットカードは有名なカードで人気のカードです。審査が不安、他のカードで断られてしまったという時に、ネクサスカードが提供しているデポジットならクレジットカードが持てる理由は

 

  1. 審査の代わりに「保証金」を預かってかわりにする
  2. 保証金をあずかっているのでリスクをなくせるから

 

ということなのです。クレジットカードはリボ払いも出来るし、分割払いも出来ます。ポイントもつくしクレジットカードを持っているという信頼としても通常版のカードと変わりません。違うのは保証金を預けているという事です。

保証金を預かっているとカード発行会社は、もしもカードを発行して支払いが出来なかったとしたら保証金から払ってもらう事が出来ますよね。

なので審査が無い、審査を厳しくする必要が無い(リスクを取らなくて良い)のでクレジットカードを発行できるのです。

保証金は厳しい審査の代わりでもあるのでクレジットカードを返した時は返してもらえます。単純にカードを発行する代わりに保証金を預けるのがデポジットカードなのです。

 

NexusCardデポジットカード
通常版クレカと同じ機能が持てる
保証金5万円(カード解約時返してもらえる)から申し込めるクレジットカードのネクサスカードがあれば、全国のお店やネットショップ・継続課金にも使えます。最大200万円まで可能。

個人事業主・法人ならビジネスカードで審査なし

あおぞらクレジットカード

©GMOあおぞらネット銀行

 

個人事業・法人を持っているとビジネスカードを使う方法があります。個人カードで審査落ちしたとしてもビジネスカードで事業名義・法人名義のカードだと発行される事がありますが、与信審査はあるので個人審査の部分で難しい事もあります。

こういう時は銀行系のビジネスカードでデビットでカードはデビット記載のないビジネスデビットという選び方があります。

デビットカードは個人向けで普及してきていますがカードにデビットカードと記載されているのが多いのでクレジットカードとの区別がハッキリ出来るのが好きじゃないという方もいるでしょう。

与信審査が無くて口座残高が即決済される点は良いですがカードデザインは気にするならあおぞら銀行が発行している限りなくクレジットカードに近いVISAビジネスデビットカードが向いています。

 

ビジネスデビットの特徴はキャッシュバック

デビットカード

©GMOあおぞらネット銀行

 

単にクレジットカードのデザインだけなら他にも選択肢はありますが、GMOあおぞらカードの利点はキャッシュバックサービスがある事です。クレジットカードのポイントサービスと同じ利点です。

ビジネス口座と併用できる事もあって非常に高度なセキュリティーと、取引先に振り込みをしてもらえるバーチャル口座の設定も無料でついてきます。

 

与信審査無しGMOあおぞらかカード
クレジットカード同等機能装備
ビジネス口座とパックで使う事が出来るクレジットカード。与信審査が無いデビット形式ながら内容はクレジットカード感覚で使えるデザインと機能とセキュリティー。

ETCカードを手にするには審査が必須?

審査の無いETC

©高速情報共同組合

 

車移動で高速道路を使う機会があると現金を料金所で支払うのが面倒ですよね。最近は支払いレーンがETCばかりになってきて、手動で現金を支払いをする為に気を使う事も増えてきました。

ETC普及が進むとETCカードを持っていないと不便に感じます。ETCカードは本来クレジットカード会社が発行するのが大半なのでクレジットカードを持っていないと厳しいです。

代金の決済をするのをクレジットカード会社が代行するようになっているからです。クレジットカードの審査に不安がある、審査に通らない場合ETCカードを発行できないかというと、そうではありません。

 

クレジットカードを持っていなくてもETCカードは持てる

ETCカード発行

©高速情報協同組合

 

ETCカードを持てなくて困っているなら審査の無い(出資金収納方式)会社を使えば発行する可能性が高まります。

高速情報組合発行のETCカード

ETCカード審査なし

©高速情報組合

 

高速情報組合のETCカードは審査の代わりに出資金を1万円預ける事でリスクを回避しているので、ETC申し込みの時に1万円を支払う事が必要になりますが、このおかげで審査が不安だという事業者(個人)でも審査に困る事がないのが特徴です。

出資金(保証金)はETCカードを解約するときに返ってくるので実際には無料で発行してもらえると考えても良いです。クレジットカードの審査が通らなくて諦めていたETCカードを手にすることができます。

  1. クレジットカード審査なし
  2. ほぼ全ての個人事業主・法人に発行
  3. 出資金1万円のみで発行が出来る
  4. 高速利用で割引も対応している

 

カード審査なしETCカード
高速情報共同組合ETCカード発行
個人事業者は起業届コピーでも対応しているので簡単。法人も個人事業主もETCカードの審査に困ったら高速情報共同組合を活用してカードを発行出来ます。利用特典も一般的なカードと同じです。組合の歴史も長く認可も受けています。

審査が無い(独自審査)クレジットカード・ETCカード

 

クレジットカードは信用機関に記録されている申込者の過去履歴を参照しながら厳しく審査をします。しかし審査に落ちてしまう事もあります。審査落ちする理由は過去の悪い履歴だけではありません。

 

  • 全く過去にクレジットなどを使った事がない
  • 過去に1枚もカードを発行した事が無い
  • 携帯電話の分割代金の滞納をしてしまった
  • 意図しない延滞をしてしまった
  • 自己破産・債務整理をしたことがある
  • 記憶にないけれど信用情報に傷がある

 

過去に全く信用情報が無い状態、例えば自己破産して5年以上経過している、過去に全然クレジットや携帯電話の分割も使った事が無いと信用情報がゼロなので審査落ちになる事があります。

債務整理・破産などから1年~5年以内だと記録が残っていてクレジットカード審査に落ちる事があります(落ちない事もあります)

携帯電話を分割で支払っていて延滞が何度かあると、それも信用情報には事故情報として延滞が記載されます。こうした生活上の意図していない事でも書かれるので審査が難しくなります。

 

審査が無い=与信審査が無いので発行される

ネクサスカード

©ネクサスカード

 

審査が無く発行されるクレジットカードは、保証金を預ける事で与信審査を無くせます。信用情報を見て審査する代わりに保証金でリスクを回避するため、与信審査を不要としています。

与信審査は前記の信用情報を参照して個人の職場の在籍確認を含めて審査をしてから合格した場合にのみカードを発行しますが、与信審査が無いのはこの部分で落ちる事が無くなります。

与信審査が無く、発行する会社が審査をするので本人確認(電話確認)、書類確認(住所や免許証など)で審査をするので、信用情報に依存しない審査が行われます。

なので多くの審査に不安のある方に発行されるという事になります。

クレジットカードで保証金を預ける場合、預けた保証金の範囲内での限度額となる事が多く、万が一カードの支払いをしないと保証金から支払いがされます。

この場合カードの解約となる事があるので慎重に使う必要はあります。

クレジットカードもETCも保証金は返してもらえる

ネクサスカード

©ネクサスカード

 

カード解釈時にはこの預けていた保証金が返されるので実質カード発行の為の保証金は一時的に預けているだけのものです。

ETCカードの無審査については協会が発行してくれるもので、クレジット会社が発行するものではありません。なので与信審査がありません。

この点が与信審査無しのクレジットカードと同じなので発行しやすくなります。

組合員となって組合に発行してもらうために出資金(組合に入会する保証金)を出してETCカードを発行してもらいます。

審査は本人確認(電話確認)、書類確認(個人事業者の開業届コピーなど)で審査してくれるのでクレジットカードのような審査難易度がありません。

 

他の方が読んでいる記事