事業主・会社の資金が足りない時にみんなどうしてる?

事業資金が足りないと致命的なのですぐに解消

 

法人経営でも個人事業主でも余裕資金がないと支払い、仕入れ、ビジネスチャンスをみすみす逃す結果となりますよね。一番気になるのが支払いが出来るかどうか不安な状況です。支払いが出来ていれば倒産リスクは無いので重視すべきです。

何より借り入れであっても、自己資金であっても現金があるかどうかは常に気になるはずです。ほかの事業者がどういう対策をしているのか、すぐに現金に余裕を持たせる対策は何があるかを解説します。

 

銀行が貸してくれない、銀行の融資審査が遅すぎる

 

真っ先に資金調達をしたいと思って向かうのは銀行でしょう。ところが銀行は借り入れ申請をしてくる事業者が自分たちに合致する企画書や実績を持っていたら笑顔で対応しますが、気に入らないと思えば審査以前に断ってきたりします。それが現実です。

銀行の利点は何といっても金利の安さですが昨今では、それも魅力ではなくなってきました。融資審査を厳しくしないである程度緩めて金利を上げる事も増えています。銀行も色々厳しいので融資をするのにハードルを下げつつありますが金利が安くないのに審査が厳しくて面談も経営者の事を掘り下げてくるようなものです。

 

銀行以外で借りられる場所でスムーズに借りる

 

銀行からの融資を選択から外したら楽になります。金利差が言われますが銀行の融資でも昔ほどの低金利は珍しいので、事業収益があがるのなら銀行以外での借り入れをして資金解決したほうがよい事も多いのです。

銀行以外で融資を受ける利点は何といっても審査の甘さです。銀行は面談をして根掘り葉掘り聞いてきますよね。事業計画に関しても求められる内容が尋常でない事も多く、途中で嫌になったという経営者も多数。それほど厳しい面談や審査をしていながら融資後は色々と介入してくる事もあるので事業に集中したくても融資を受けた先なので適当に扱えないジレンマの中でストレスになる事も。

銀行以外だとネット経由で審査をして即座に融資を受けられて、融資後に連絡が何度も来たり調査されたりという面倒なことはほとんどないのが魅力です。

以下の4社は数ある中からピックアップした事業資金即日~10日程度で借り入れできる業者の筆頭で最も平均的な内容となっていて初めて申し込みするのに向いている借入先です。事前に相談もできるところばかりなので、相談したい、気になるなら審査申し込みの前に気軽に連絡相談すれば良いです。急ぎの場合は申し込みと同時に相談もできるので使える4社です。

 

事業用資金を即座に借りられる金融
これらの事業専用融資会社は銀行以外の分野で実績のある事業専用融資業者になります。金融業者登録をした正規業者なので非登録会社とは異なり、事業向けとして高くない金利対応、事業計画にそった健全な融資を行っています。返済は遅れないようにしましょう。審査に関しては銀行より厳しく無いのが多いです。

 

個人で借りて会社に貸し付ける方法を取る

 

個人事業主、法人経営者で会社名義で融資が出来ない場合、個人で審査の厳しくない金融会社から借り入れて個人の現金を確保してから、会社に対して貸し付ける事もできます

この場合税務上は会社に対して個人が融資した事になるので記帳をして明確にお金を会社に貸したという状態にしなくてはなりませんが、個人資産を会社に貸し付けられるので急な資金不足には活用できます。

 

経営者個人名義で借りやすい金融会社抜粋
現金を個人で融資してほしい時に、経営者だと融資しにくいという会社も一定数ありますが、急ぎで借り入れたい時に細かい面倒な審査や審査落ちだと落胆しますよね。ここに掲載の4社は経営者や、自営で融資実績がかなりあるので審査不安はあまりないでしょう。急ぎの時に向いている4社です。事前に融資相談も無料でやっているところばかりなので不安なら事前に連絡相談も良いでしょう。急ぐなら即申し込みをしてから後で細かい相談をしても良いです。どこの会社も営業が慣れているので細やかな返済アドバイスも受けられます。

 

売り掛け未回収があるならすぐに現金にできる

 

結構認知されてきたので「ファクタリング」という言葉を耳にする経営者も多い事でしょう。新しい言葉なので胡散臭いと感じる方も多いようですが、昔からある売り掛けの現金化と変わりません

それも現代版になっていて法的に問題もなく政府も推奨ようなマネーフローの健全化に役立つものです。売掛がある時点で立派な売り上げなので、それの支払いを早くしてもらうだけです。

しかも相手に売掛を現金化した事がわからない方法も選べるので売り上げを素早く現金化することで現金が足りなくなる状況を脱する事ができます。どちらにしても現金が少ないのは問題なので、先に現金を確保するほうがビジネスでは重要です。

次の4つのファクタリング会社は売掛を現金ににする会社として実績が高い筆頭です。初めて使うのにも満足するはずです。4つのうちフリーナンスは個人事業者に特に向いています。他の3社は法人、個人事業者両方向いています。

 

請求書をすぐに現金に変えるファクタリングの記事はこちらにもあります

 

ファクタリングで現金を得られる会社
この4社は初めて売掛を即座に現金化するのに向いている会社です。重視したのは初心者に説明が上手な事とサイトで解説が詳しく載っている点。それと最初にサイトで情報を入力したり、事前相談がしやすいことです。もし手元にまだ支払いをしてもらってない、支払い完了まで時間がある売掛があったら即現金にしてくれるので試してください。金額も少額から高額まで対応しているのでスムーズです。

 

時間に余裕があるけれど請求書が余っているならここ

 

比較的急ぎじゃないけれど取引先の支払いが遅い、時間的に余裕があるけどできれば今すぐ支払ってほしい伝票があるなら次のファクタリング会社が向いています。審査が厳しすぎずに安定した審査結果実績があるので審査落ちは少ない会社を集めます。

 

売掛現金化の実績が高い審査がしやすい抜粋
法人経営、自営で請求書があるなら即日現金化できるファクタリング専門会社ばかりです。ここでも事前相談が出来て、対応するスタッフの質を重視して抜粋しています。金額が少額でも高額でも関係なく親身に相談に乗ってくれるので、現状を隠さずに相談できます。プライバシーを守る会社に限定しています。

 

事業用でお金を借りる時のポイント

事業資金の確保の仕方

 

事業用の融資を受ける時には優先順位を明確にすべきです。例えば目の前に迫っている事として「支払い」「新ビジネス資金」「売り掛け回収不能補填」といった融資目的の理由があるはずです。

支払いが目の前に迫っているなら条件以前に最短で現金を手にするしかないので、金利以前に早急に借りて組織を維持する事が優先になるでしょう。新ビジネス資金だったらリターンに繋がるまでの期間が長ければ長いほど、回収に時間を要するので金利重視で借りたいと考えるでしょう。

こうした優先順位に沿って金融会社を選ぶようにすれば満足感の高い取引ができるはずです。急ぎではないなら条件重視でじっくりと選ぶ事もできます。歴史が浅い、売り上げが良くない、過去決算が良くないと借りられる業者を選ぶ事が実質優先になるでしょう。

 

金融会社で借りるか売掛を現金化でカバーする

事業資金をファクタリングで現金化する

 

融資で無いので信用情報に関係ないのがファクタリングです。単にまだ未払いのこちらが発行した請求書を、ファクタリング会社に先払いしてもらうものなので借り入れにはならない点が負担は少ないでしょう。

金額も少額から出来るので気にしないで申し込めます。逆に数千万でも対応している会社もあります。現金が手元にあるのと無いのでは経営上の心理的な負担も軽減されるので未払いの請求書で悩むのは良くありません。

最悪は売掛が焦げ付いてしまって現金に出来なくなる事なので、そうなる前に現金化できるのは大きいです。手数料は当然かかってきますが、即座に現金化する利点からすれば大きな額ではないと考えられます。

 

組織での融資か個人融資を受ける

個人融資で事業資金確保する

 

会社・個人事業主として組織名義で借り入れをするのには銀行がメジャーですが、簡単に借りられない事も多いはずです。国の金融公庫からも銀行からも一定借り入れがあって、現状では追加融資がされないときに困らないように対策を考えましょう。

消費者金融系での融資、個人で借り入れを受けるなどをして会社に貸し付けるなど上手に資金確保をしながら危機を乗り切る事が求められます。将来的に売り上げが出るのに現時点の焦げ付きで組織を破綻させてしまったらゼロになってしまいます。

計画的に資金確保をする事が危機を乗り切る重要な経営者の任務なので自分に合った会社を選択して資金確保をしてください。

 

 

他の方が読んでいる記事