お金を借りたほうが良い場面ってどういう時?

お金を借りたほうが有利に過ごせる事もある!?

 

借入額が生涯で1回も無い、融資を受けるのが嫌いで一生現金生活を貫くというのも良いですが、借り入れを上手に使ったほうが生活が円滑にいく事もあります。

どういう時に借り入れを使ったほうが有利なのか、現金生活をするよりも円滑に過ごせるのかについて解説します。

 

現金が無くて本来出来る事が出来ない状態が来たら

 

お金を借りる事が出来たら円滑に過ごせるのに、現金が無いから我慢する。そういう事もありますよね。

給料が20日後に出ると決まっているけれど、残りの20日の間にお金が必要なので目の前の出費は我慢するという事は自然な事でしょう。ただ、期間限定の特割商品が出ていたとか、数年に1回しか会えない知人が帰省しているとしたら。

現金が使えないからといって無視すると、せっかくのチャンスを逃す事になるかもしれません。

 

期間限定の特割商品の割引額を考慮したら?

 

例えば将来的に絶対に買おうと思っている家電があったとして、本来どれだけ割引をしても30万円だったものが、特割キャンペーンで期間限定で在庫限りで15万円の半額になっていたら?

仮に信販会社を使って15万円のローンを組んで買っても金利を考慮しても大幅に得をするでしょう。

知人がめったに会えない人だったら今会っておかないと二度と会えないかもしれないですよね。

人と人の繋がりはいつまでも保証されたものではないものです。万が一の事があると会わなかった事に後悔するかもしれないですよね。実際にせっかく会う機会はあったのに、会わないままで永遠の別れになってしまったという実例もあります。

 

目の前の商機を逃すかどうかの瀬戸際で

 

法人を経営している場合でも、個人事業でも、フリーランスでも時折大チャンスが来るタイミングがあります。売り上げが無い時期でも大口の注文が入るチャンスが来たり、現金があれば仕入れられる特価品とかが出たときです。

こういう時に資金があるのと無いのとでは全然違います。資金が無いからと商機を逃したら益々経営の変化を生み出せなくて悪化していく事もあります。

明らかに勝機だと思ったら借り入れをして実行したほうが結果を生むというケースもあるので、こういう場面でも借り入れをしないより、したほうが良いことがあります。

 

借りるほうが有利な時は「返せる」から。

 

ボーナスが数か月後にある、給料が月末に入る、売掛金が来月に入るという「返済可能」だという確証があれば、借り入れは躊躇しないで行ったほうが目の前のチャンスを生かせます。

将来返済するためのお金が入る見込みがないなら借り入れはしないほうが良いという単純なルールを守ればトラブルになりません。

 

少額(数万円以内)で返済に困らない借り入れ

 

現金借り入れの中でもフリーローンは何といっても「少額」を「短期間」借りるのがセオリー。

様々なキャンペーンや金利優遇などが出ていますが少額借り入れで翌月全額返済~半年以内全額返済なら全社あまり大きな差がでにくいので、少額を借りてすぐに完済するなら、とことん便利に使ったほうが良い事もあります。

銀行・信販・消費者金融全てに言えますが長期的に借りるなら金利や返済を十分計算して「お得」に使いたいですが短期で少額完済だと借り入れる会社による差が出にくいのが現実です。

であれば、現金を使う事で将来有利になる事に投資したほうが正しいという事もあるという事ですね。

 

超短期少額借り入れで完済が近いなら審査のゆるさを重視

 

  • 借入額が自分の返済能力よりかなり少ない
  • 返済は長くとも半年以内に確実に可能
  • 急な現金必要な状態になっている
  • 現金を投資して見返りが大きい

 

こんな状況であれば、完済は確実なので「素早く希望額を貸してくれる業者」を選ぶ事が先決です。

目的別に金融種別、会社を選ぶのが上手な金融商品の使い方という事ですね。高額な金額を長期で借りる時は多少審査が厳しくても、借り入れまで時間がかかっても公的機関か、銀行か信用金庫系を使う事が最適でしょう。

しかし、超短期でなおかつ少ない金額で完済まですぐなら「素早く、すぐに審査を通過して即貸し付けてくれるところ」のほうが、目の前のチャンスを逃さずに済みます。

 

超短期+短期完済確定している借り入れは消費者金融がベスト

 

消費者金融の最大の利点は、審査が難しくない事と貸付までのスピードのはやさです。大手でも中小でも超短期なら金利は15%~19%程度が基本なので意識しなくとも数か月で完済なら影響は少ないでしょう。

「即日融資」「最短数時間で融資」「審査スピードが数十分~数時間以内」「希望額を即座に出す」といった事に強いので消費者金融を活用すると万が一の少額借り入れは満足するでしょう。

 

長期+高額な時に有利な銀行系はこの場合不向き

 

長期で数千万円を借り入れたりするような場合は圧倒的に金利が安い事が大事なので消費者金融は向きません。そういうニーズには銀行系が最も適しているので、高額を長期で借りる時には時間をかけてでも銀行系の融資から審査を受けたほうが良いでしょう。

 

他の方が読んでいる記事