消費者金融フリーローンは簡単に借りられる?

急ぎで現金を借りたい時に可能性が高いのはどこ?

 

どうしても今日中、明日の間に現金が必要になった時に「融資完了までの時間」を重視すると、即座に融資してくれる「即日振込」タイプの借り入れが視野に入ります。

現金融資で使い道自由なものはクレジットカードのキャッシング・カードローン、銀行のフリーローン、大手消費者金融のカードローン・振込ローン、街金融の振込ローン・カードローン、不動産担保のローンなど種類がありますが、スピード重視なら大手消費者金融・街金融(大手以外の一般消費者金融で地方も含みます)が素早い融資では勝ります。

 

必要な金額を借りられない事もある

簡単に融資を受けられる会社

 

多くの場合、大手消費者金融(アコム・プロミス・アイフルなど)の場合でもその他の消費者金融でも総量借り入れの法的な決まりは守ります。年収の3分の1規制で年収500万円だとすると、借り入れの最大限度は150万円だと考えられます。1社で150万円ではなく複数から借り入れた場合は合計額です。

初めて借り入れ審査を申し込む場合、大手消費者金融では上限が50万円程度になっている事が多いのでこの規制にかかる事はないでしょう。大手以外の一般消費者金融でも同等の考え方で融資時は現段階の借り入れ状況を確認して3分の1以内で融資をしてくれます。

 

初めて使う時は控えめな融資額となる事が多い

お金を楽に借りるには

 

融資額に関して50万円の希望額を申し込んだ場合満額を即日で融資されるかというと全員がそうなる事はありません。審査で提出した内容をもとにして特に初めて利用する会社では半額か、10万円~20万円程度の融資額が最高額となる事例が多いです。

ただ消費者金融の場合スピード感があるので電話やネット申し込みをして在籍確認までが半日以内で行われることが多いので午前中に申し込みをして午後に振り込みが完了したという実績も多いです。スピード感を求めるには消費者金融を使う事が早いです。

 

消費者金融は融資時の審査が甘くて借りやすい?

消費者金融でお金を借りる

 

イメージとして銀行は審査が厳しい、消費者金融は審査が甘いという事が言われますが実際に使ってみてどうかというと、用途に応じて審査が異なるというのは言えます。

銀行で事業用資金を融資してもらうのは一般的な使い方ですが、この場合の審査は簡単ではありません。行内で審査を重なて審査通過になるまで何日もかかる事は多くて面談も何度も行う事があります。

銀行もフリーローン、住宅ローン、自動車ローンと時代に合わせて融資商品を次々に出していますが現金を借りるフリーローンに関して行内でも複数の商品がある事が多く、消費者金融と同等の使い道自由の融資の審査は銀行は独自の審査をしますが、消費者金融とほとんど変わらない審査難易度のものも多くなりました。

大手消費者金融と提携している銀行のローン商品だとかなり審査難易度が甘い商品も増えています。といっても銀行法を軸にした審査だと消費者金融よりも少し審査は厳しくなります。

消費者金融大手、街金と言われる大手以外の消費者金融の審査が甘いとされるのは独自審査基準があるからです。

ただし審査を優遇してくれていても、利用者を信用してくれている事に変わりないので返済はしっかりしなくてはいけないのは変わりません。借入時には返済計画を見られるので計画的に返すのは銀行や大手消費者金融の時と同じです。

 

独自審査で通過者を増やす代わりに金利が少し高い

借り入れをスムーズに行う

 

銀行系のフリーローンが平均15%程度なのに対し、消費者金融系大手、消費者金融が18%程度が多いのは貸付リスクを負っているためだと言われています。

審査を厳しくすれば返済能力が高い利用者だけに貸付られるので完済率が上がります。なので最初から金利を低めに設定することが出来ます。

対して大手銀行、大手消費者金融に対して街金融とも言われる一般の消費者金融では厳しい審査と高い金利だと顧客を確保しにくい時代です。

なので競争に勝つために、大手消費者金融や銀行よりも独自審査で審査を甘くして、万が一の貸し倒れのリスクを背負いながら、金利を高めに設定する事で対応しています。

 

審査に通りやすい+融資額も優遇傾向

審査をスムーズに受かる

 

急ぎですぐに現金を融資してほしい、審査も絶対に通りたいという緊急性を要する時には大手以外の審査が甘い消費者金融が最も確実です。

街の金融屋さんと言われる大手以外の消費者金融は競合に勝つために、決まった機関の金利をゼロにするサービス、審査を出来るだけ早く簡単にする、即日最短数時間で振り込み、郵送書類ゼロ、総量規制以内なら高額の融資対応など、積極的な融資をする会社もあります。

 

  • 金利は最高でも20%以内で対応している
  • 無金利期間を設定していることがある
  • 郵送物が全くないサービスもある
  • 地方銀行・地方金融会社も多い
  • 即日振込に対応している事も多い
  • 全てネット内で完了する事も多い
  • 事前相談が出来る会社も多い

 

街の消費者金融は時代に合わせて変化している

消費者金融でお金を借りる方法

 

ポイントはホームページで情報を完全に公開している金融会社を使う事が大事です。法改正後に最高金利は20%の年利以下にしなければいけない事に決まっているので年利で15%~20%以内(100万円以下の借り入れで)で融資をしている事を表示している会社なら良心的で法令を守っている会社です。

街の金融さんである消費者金融の良さは審査が個人の状況に応じて臨機応変に審査してくれる審査の通過のしやすさなので、「柔軟審査」「パート・アルバイト歓迎」といった仕事の属性だけで判断せずに判断してくれる事を開示しているほうが安心です。

返済に関しても解説が書かれていたり、事前相談歓迎といった会社も利用者に事を考えている事になるので安心材料になります。事前審査が出来る会社もあるので相談をして仮審査を申し込んでみると良いでしょう。目的に応じて使い分ける事が融資には重要で、即日で急ぎで融資が必要な時には消費者金融が適しています。

 

誰でも使える無担保+低金利+審査優しいフリーローンなら
利用者の事を考えてくれる「アロー」キャッシング
  1. フリーローン200万円まで借り入れ
  2. フリープラン年利15%から
  3. 最大180回払い15年以内対応
  4. 担保保証人が不要
  5. 最短45分で審査完了OK!
  6. 仮審査お試し3秒診断OK!
  7. 返済シミレーション可能
  8. 他社借り入れおまとめ対応

 

 

複数借り入れで苦しまないで低金利の1本化で楽に返済
返済を楽に有利にする乗り換え1本化U-Finance
  1. 年利7.3%からの低金利実施
  2. 最高融資額700万円まで可能
  3. 複数借り入れを1本化して楽々返済
  4. 複数借換総量規制「例外」基準実施
  5. 簡単審査・申し込みでスムーズ

 

 

事業資金で困ったら迷わず低金利+素早い融資実績
事業資金年利2.5%から5000万円まで対応ファンドワン
  1. 金利2.5%からと低金利融資
  2. 事業資金の融資実績数圧倒的
  3. すぐに必要な事業資金を融資
  4. 5000万円まで融資対応可能
  5. 無担保・担保あり両方対応
  6. 最高1億円大型資金も対応
  7. 融資相談幅広く気軽に可能

 

他の方が読んでいる記事