キャッシングのアローの評判口コミを調べてみた
©アロー

債務整理・自己破産でも借りられた実例が多い?

 

アローに関して口コミ、評価を調べていくと自己破産をして5年以上経過していないけれど借り入れできたとか債務整理したけれど借り入れできたというものがあったので、この辺りも実際どうなのか調べました。

アローの過去の実績はどうなのか、利用者の感想はどうか、アローはどういう姿勢で営業しているかについて解説します。

 

アローはアプリを使ってスマホだけで完結できるシステム採用

アローの口コミについて解説します。

©アロー

 

誰もがスマホを持つ時代になった今、銀行振り込みでも買い物でもスマホを使う事が多いですよね。借り入れでも電話とかFAXじゃなくてアプリでさっと出来ないのかと思いますよね。アローはアプリで審査申し込みから借り入れ後の返済まで行えるようになっています

アプリをインストールしたら身分証明書をアップロードして審査申し込みの為の情報を入力して送信するだけ。アプリで一括管理してくれるので、お金を振り込むのに1日もかからない事も多いのが特徴です。

 

アプリがあったから気兼ねなく申し込めたのは事実

女性というのもあるけど電話して怖そうな人が出たらどうしようとか、人にバレたくないとかあるんですけど。アプリインストールで全部やれたからすごく便利で良かった。希望額10万円だったけど満額借りられたし。たぶんネットバンクとかより早いし審査簡単と思う。

 

▼まず仮審査アプリダウンロードこちら▼

 

 

口コミで多い自己破産経験者が借りられたという話は本当か

 

お金を借りられる会社を紹介したり、解説するときに最も気にしているのが「審査が甘いです」という表現です。そもそも審査はどこの会社でも基本は同じなのです。最終的に「貸したお金が返ってくるか」どうかを審査しないといけないので、返せない相手にお金を貸す事は絶対ないです。

ではどうして借りやすいとか、簡単に借りられたという口コミを書く人がいるかというと、金融事故とか過去の延滞とかをしてしまったので自分は借りられないと考えてしまうも当然だからでしょう。

 

自己破産後、金融事故後5年以上経過しないと借りられない事は無い

 

多くのブログとか金融サイトでは「自己破産後5年は借りられない」とか「債務整理とか延滞をするとしばらく借りられない」という説明があるのを読んだことがあるでしょう。

これは間違いです。正確には一部の金融会社は貸さないけれど、そうでない会社も多くあります。なぜ貸さない会社があるか、貸してくれる会社があるかの違いは、審査基準と審査のスタイルの違いです。

 

アローがやっている審査は大手と少し違うから

 

大手消費者金融の審査
  • 審査数が膨大過ぎるので初期審査を自動化
  • 自己破産経験後5年は貸し付けない
  • 信用情報を最重要にしリスク回避する
アローの審査
  • 1名ずつ初期から細やかな審査をする
  • 自己破産後数ヶ月以上で審査対象
  • 信用情報と現在の状況を加味する

 

超大手と言えばアコム、プロミス、アイフルといった企業のことですが何といっても利用者が多いので全て細かく最初からヒアリングしていると対応できないし、スピード融資が勝負の消費者金融が数週間とかの時間を審査にかけられません。

なので大手は最初の段階では審査を自動化していると言われていて、なおかつ自社の審査パターンを決めているために、それに合わない内容での申し込みは審査落ちにしがちなのです。なので大手は条件によっては審査に通りやすいのですが、基準に満たないと即座に審査停止となるというわけです。

 

審査は想像より早かったと思う

自己破産4年目年収500万円の自営業者。融資額30万円でした。信用情報機関にはブラック掲載されていると思うけど今の仕事の事とか他に借りていないのとかを考慮してくれた感じする。感謝です。

 

 

アローの審査は申込者の現在はどうなのかを見ています

アローの融資解説です

©アロー

 

アローの口コミだと過去に金融事故があった、自己破産して5年以内で借りられたというのが目につきます。他社だとそれほど多く無いので、アローの審査基準の説明を見るまでは審査が甘くて借りやすいと感じるのかもしれません。

実際にはアローでも審査に全員通過させているわけではなく、審査落ちになる事もあります。大手で審査落ちしていても審査に合格する可能性があるという意味では、大手よりも借り入れがしやすいという考えで良いです。

 

過去事故も借り入れ歴も無いホワイト、ブラックでも審査は行う

 

金融で全く過去に履歴が無いホワイト状態でも審査は厳しいものです。過去に実績が全くない30代以上とかだと自己破産をして5年経過してホワイトになったのでは?などの憶測から審査も厳しくなるのが多いものです。

アローの場合、自己破産情報を信用機関で見つけても審査をしっかりしてくれるので、ホワイトでも同じくヒアリングを通じて申込者の状況、人間性を審査します。この点は他社比較で良心的で親身になってくれていますね。

 

口コミは多くあるけれど悪質だったという口コミは稀

 

アローでも審査落ちしたという口コミは見られます。その多くが無職で収入が全く無い状態での申し込み、自己破産の直後、他社に多く借りていてそれ以上貸せないというような状況だと審査落ちになる可能性が高いです。

そうでないなら審査を通過する可能性も高いので他社で審査不安ならアローに申し込みをしてみると良いでしょう。必ず審査に通過するとは言えないですが、破産、整理、延滞などのブラックでも審査を通過している実績は貴重な情報です。

 

▼審査不安でもアローは通過実績多数ここから▼

 

 

アローに関する掲示板・SNS上の口コミ抜粋

 

バイト3年目で借り入れ15万円できました

某飲食でバイト3年目のフリーターでバイトでも借りれるところを何軒か申し込んで審査通ったのがアローだけでした。自動車の修理でどうしても必要だったから助かったので感謝してます。

 

生活費と家賃が足りなくなってアローに申し込み

転職をしたのとコロナで2ヶ月くらい収入が不安定になったことでお金が足りなくなった時期にアロー利用です。事の内容を全部審査の方に話をして、来月から安定するというのを話したりしました。すると最終的に20万円融資をしてくれたことで全部解決しました。後はしっかり返すのみです。

急な用立て必要で50万円申し込みで失敗

身内の事でどうしても必須となった50万を申し込みましたけれど最終的に10万円しか融資してもらえなかったです。高齢だったのとパートだったのも影響したかと思いますが残りは地元の銀行にお願いする事にして解決しましたが10万円でも厳しそうだったので少しは借りられて助かった。

 

遊びで使いすぎて困った時に助けてもらった会社

だいぶ前、友人と久々に集まって旅行に行く事になって使いすぎて生活費がピンチになった時にアロー申し込み経験ありです。対応は親切って事もなかったけどやり取りは別に普通でした。審査も早かったし30万円直ぐに借りられました。返すのに1年かけましたが。

 

▼審査は365日無料で可能こちらから▼

 

アロー評価と特徴はアプリと審査の優遇で幅広い人が借りられる事

アローの3秒診断もあります

©アロー

 

アローの特徴は審査基準が独自にあって金融事故が過去にあっても門前払いしない事です。誰でも審査に通しているわけではないですが、お金を借りたいと申し込みをすれば、できるだけ貸そうという姿勢がみられます。

金額は個人によって上下していますが希望額満額の人もいれば半額程度の事もあるようなので、申し込みをした時の仕事の内容、過去の実績、今後の事を総合的に判断して融資額を決めているようです。アローの公式サイトにいくと仮に審査が数秒で出来るので審査が気になるなら仮審査は無料で誰にもわからないので試してください。

悩むよりも実行したほうが結果は早いです。アローは他社に借り入れがあっても、審査に不安なクレジット歴史があっても問題無く審査をしてくれるので、審査は受けてみたほうが良いです。他社よりもかなり融通をきかせてくれるのがアローです。

 

▼数秒仮審査をやってみるにはこちら▼

 

 

アプリで融資申し込みと審査完了までスムーズな流れが高い評価に

 

アローに関する口コミ評価で多いのは審査落ちをすると思ったら借りられたというものと、借りたかった金額より少なかったというもの、それとアプリが高評価です。

融資額はどうしても申込者によって貸し倒れにならないという線を見極めて決定するので差がでています。安定した収入と年収の3分の1以内で、返済能力、信用状況によっては高い融資となった事例もあるので審査申し込みをして確認してから決めましょう。審査申し込みは24時間やっているので今すぐに申し込みをしておけば融資振り込みも早くなります。

 

▼アローの審査申し込みはここから▼

 

 

他の方が読んでいる記事